「憲法会議」の澤藤統一郎弁護士への「言論封殺」(批判の自由の封殺)問題について「きまぐれな日々」ブログ、「kojitakenの日記」ブログの主宰者の古寺多見(kojitaken)氏の下記のような反応とコメントもあります。私はきわめて正統な反応というべきだろう、と思います。ご紹介させていただこうと思います。
 
やっぱり宇都宮健児は支持できない。俺は寝る。白票投票だ
(kojitakenの日記 2014-01-16)
 
澤藤統一郎弁護士の下記ブログ記事を読んで、「リベラル・左派」界隈に蔓延する「同調圧力」ひいては「全体主義」に驚き呆れた。宇都宮健児を支援する輩どもが現に行っている「言論封殺」の見本である。
 
澤藤統一郎の憲法日記 » 宇都宮健児君、立候補はおやめなさいーその26(2014年1月15日)
 
怒り心頭に発した俺は、この都知事選では寝ることにした。候補者の誰も支持しない。投票日には白票を投じて全候補者を拒絶する意思表示をすると決めた。

承前(kojitakenの日記 2014-01-17)
 
細川護煕応援団が宇都宮健児陣営に「脱原発候補の一本化」を迫るのも、宇都宮健児を支持する人たちが、宇都宮氏個人とは全然関係ない論文を、宇都宮氏を批判したことを理由に掲載しないのも、ともに「同調圧力」を迫る「全体主義」的あり方にほかならない。現在批判されている宇都宮氏の取り巻きの体質はとりわけひどい。そんな人たちに支えられた宇都宮氏を支持しない意思表示をするために宇都宮氏には絶対に投票しないと決めたが、同じ体質はもちろん細川護煕陣営にも舛添要一陣営にも田母神俊雄陣営にもあるのであって、だから私は今回の都知事選で白票を投じる。万一、私が最低最悪の候補者とみなしている田母神俊雄が当選圏に迫るという事態が起きるのであれば、田母神を当選させないための投票行動を取るが、そんなことは万に一つどころか兆に一つもあり得ず、田母神は宇都宮健児との3位争いが確実だから、白票の投票行動を変えることはない。
 
東本コメント
私は都知事選告示日前日の最後の最後まで革新・リベラル 勢力の候補者 としてふさわしい候補の確立と擁立に努力するべき、という立場です。たとえその努力が水泡に帰したとしても、です。まだ告示日までにはいくばくかの時間があります。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/761-182f2346