前エントリでご紹介した井上達夫さん(東大教授・法哲学者)の論に対してある「護憲」論者から以下のような反応がありました(ただし、純粋に井上達夫さんの論への反論であって、前エントリの私の論への反論ということではありません)。

写真・図版
井上達夫さん(朝日新聞
 
「あえて」いいますが、この井上達夫さんの議論とその結論には疑問を感じます。憲法をめぐるこの間の攻防についての事実認識が研究者らしくない、主観的で、一面的な分析です。こうした認識に基づいた議論の展開はあまり実際の役に立ちません。そして、結論が9条削除ですからね。特に以下の所などはほとんどだめです。
 
「護憲派は他人頼みなのです。『専守防衛で集団的自衛権はNO』を日本の公式見解として守ってきたのは、自民党と内閣法制局ですよ。護憲派はこの自民党と法制局の『自己規制』に頼りながら、それを自分たちの手柄のように言ってきた。安倍政権はいま、護憲派のこの甘えを突いてきています。集団的自衛権行使容認が目的の内閣法制局長官人事は大いに問題がある。しかし護憲派はそれに憤慨する前にまず、自分たちの欺瞞と甘えを反省すべきです」
 
これは誰のことでしょうか。もしかしたら、社民党のなかの一部の考えを反映しているかも知れませんが、これで「護憲派」全体をを代表させるのは全く無理です。こんな高みからの、トンチンカンな議論を大きな記事にする朝日新聞も落ちたものだと思います。
 
さらに以下はそのある「護憲」論者への私の応答。
 
Aさん、いつもご苦労さまです。
 
が、私は、Aさんが「ほとんどだめ」だとおっしゃる「護憲派は他人頼みなのです。『専守防衛で集団的自衛権はNO』を日本の公式見解として守ってきたのは、自民党と内閣法制局ですよ。護憲派はこの自民党と法制局の『自己規制』に頼りながら、それを自分たちの手柄のように言ってきた」という部分は、逆にいまの「護憲」勢力の陥っている陥穽の本質的なところをみごとに言い当てている目利き者の見方のように思います。
 
井上さんは、いわゆる「護憲」勢力の「憲法9条」をめぐるたたかいが内閣法制局の「集団的自衛権」の解釈にも反映し、かつ政府がその自衛権を行使しようとするぎりぎりの歯止めになってきた「事実」もおそらくよく知っています。その「事実」をよく知った上での「護憲派は他人頼みなのです。『専守防衛で集団的自衛権はNO』を日本の公式見解として守ってきたのは、自民党と内閣法制局ですよ」という護憲派に対する異議申し立てであることに留意すべきだろうと思います。決して自民党と内閣法制局を誉めそやしたいという右翼的な魂胆からではないでしょう。
 
井上さんの問題意識の一端は、今日のような事態を招来させたことに「護憲」派には責任はないのか、というものだろうと思います。この井上さんの問いは、先にご紹介した「署名とカンパとやつらのえっらそうな記者会見で、9条改悪、集団的自衛権容認、秘密保護法が阻止できるんやったら、さいしょっからこんなことになってないやろ」(辺見庸「不稽日録」2013/10/23)という辺見庸の問題意識、問いにも通じるものだろうと私は思います。
 
しかし、いわゆる「護憲」派の多くの人たちは、井上さんや辺見が問題提起しているその問題提起の中身自体が理解できないのでしょうね。自分たちは「正しい」ことをしている、という自尊心だけは強いが、その「正しさ」を押しつけられることへの他者の訝しみの感情やうっとうしさの感覚への理解は自己の理解能力の外にある。だから訝しみやうっとうしさの感覚を表明しようとする者をただ「異端(者)」としか理解しえない。
 
辺見のいう「憲法改悪反対アピールに賛同する署名とカンパの要請は、大江健三郎らをもちあげることの絵に描いたような偽善と、これにかかわるみずからの『責任と鬼火』を見つめようとしない」とはどういう意味か。その「みずからの『責任と鬼火』を見つめようとしない点において、テッラルバのメダルドの『善半』に似て、鈍感で、押しつけがましく、うっとうしい。ウザいのだ」というのはどういう意味か。辺見はさらに続けて言います。「いつか(すでに)ファシズムの怒濤にのまれる(のまれた)のは、悪ではなく、かれらの『善』」である(あった)」(同上2013/10/24)。とは、どういう意味か。考えていただきたいものです。なお、「メダルドの『善半』」とはこちらの物語に出てくる登場人物です。
 
井上達夫さんも先の朝日新聞のインタビューでやや自嘲気味に次のように言っています。
 
「まわりが欺瞞に浸っているときに、欺瞞の根を断てと主張する私のような者は狂人扱いされます」
と。
 
井上さんの問題提起は「正しい」ものであるかどうかは別にして、少なくとも私は井上さんの声は「真実の声」だろうと思います。それを「高みからの、トンチンカンな議論」と一蹴する。その姿勢からは、辺見や井上さんが問題提起している「解」(に近づく道)は決して生まれようもないだろう、と私は思います。
 
井上さんや辺見の提起している問題は人の「感性」や「感覚」の問題を含んでいますからその論証は難しいです。一朝一夕に解決するようなしろものの問題提起ではありません。だから、私もこの辺で問題提起を留めます。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/697-e4ec5c94