秘密保護法反対が半数超 慎重審議求める意見82%
(共同通信 2013/10/27)

共同通信社が26、27両日に実施した全国電話世論調査によると、政府が今国会に提出した特定秘密保護法案に反対が50・6%と半数を超えた。賛成は35・9%だった。慎重審議を求める意見は82・7%を占め、今国会で成立させるべきだとする12・9%を上回った。東京電力福島第1原発の汚染水漏れに関し「全体として状況はコントロールされている」との安倍晋三首相の説明を「信頼できない」とした人は83・8%で、「信頼できる」は11・7%だった。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/695-6a8aeec8