よく考えてみたい問題提起です。「世に倦む日日」ブログ主宰者と辺見庸のそれぞれの異議。
 
問題提起1
「最新の情勢から。大手マスコミでは無視されて報道されないが、秘密保護法に対する反対の動きが活発になっている。奥平康弘など憲法学者24名が近く反対声明を発表する。東京新聞(中日)が、昨日(10/23)の社説で「戦前を取り戻すのか」と書き、反対の姿勢を明確にして世論に訴えた。同じく、10/23の高知新聞も「国会提出は見送るべきだ」と社説で主張、地方紙で反対の論陣を張るところが出始めている。毎日が10/21の社説で反対の旗幟を鮮明にして以降、反対意見を掲げる地方紙の論調が徐々に先鋭になっている。これまでは「知る権利」について危惧を述べる程度の慎重論だったが、反対論の立場を堂々と唱える社説が出てきた。朗報だ。道新や信濃毎日が続き、地方からの反対世論を盛り上げるだろう。期待したい。また、昨日(10/23)、人権団体のアムネスティ・インターナショナル日本が、「表現の自由の侵害に対する深刻な懸念」を表明、法案を厳しく批判した。さらに、田島泰彦が呼びかけた抗議行動が官邸前で始まり、10/22から10/25まで4日間連続して行われ、初日(10/22)は400人が参加している。

首相官邸前金曜日デモ
2012年6月29日 首相官邸前金曜日デモ

10/25(金曜)の人数が注目されるが、例の反原連が占拠しているため、夜20時からの開始とある。ナンセンスな話だ。金曜官邸前デモはオープンイシューにするべきだと、1年以上前から提言しているが、このセクト集団は耳を貸さず、私物にして専有したまま特権を手離さない。」(「秘密保護法の政治の考察 - 左派は本当に戦争反対なのか」世に倦む日日  2013-10-24)
 
問題提起2
「憲法改悪反対の呼びかけに賛同する署名とカンパをしてくれ、といふ手紙がくる。大江健三郎ら、毎度おなじみの「ゼンダマ」ブンカジンたちの氏名と写真つき。アホか。署名とカンパとやつらのえっらそうな記者会見で、9条改悪、集団的自衛権容認、秘密保護法が阻止できるんやったら、さいしょっからこんなことになってないやろ。まずかれらのうす汚い急所を蹴上げよ、だ。(2013/10/23)

大江健三郎 脱原発 
「原発再稼働やめて」大江健三郎さんら、野田政権に声明
 
憲法改悪反対アピールへの賛同署名とカンパ要請は、大江健三郎らをもちあげることの絵に描いたような偽善と、これにかかわるみずからの「責任と鬼火」を見つめようとしない点において、ティッラルバのメダルドの「善半」に似て、鈍感で、押しつけがましく、うっとうしい。ウザいのだ。「こうして、彼らの話は漠然とした慈悲のことに落ち着き、いっさいの暴力といっさいの過激な行動とを否定する点で意見の一致をみた。・・・が、どことなくそらぞらしい気配も残った」。そう、クララ、集団的「善半」は「悪半」よりも手に負えない。いつか(すでに)ファシズムの怒濤にのまれる(のまれた)のは、悪ではなく、かれらの「善」である(あった)。」(辺見庸「不稽日録」 2013/10/24)


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/693-ea42a39a