25年もかけて育てた葛西臨海公園の自然を、オリンピックのために壊さないで!」という署名の呼びかけがあります。ご紹介させていただこうと思います。

葛西臨海公園 
葛西臨海公園にて 1
 
葛西臨海公園3
葛西臨海公園にて 2

その署名の呼びかけ人の綿引静香さんの訴えは以下のとおりです。
 
江戸川区にある葛西臨海公園は、東京都が世界に誇る都市の中の自然公園です。公園の池や草むらや松林には、野鳥226種、昆虫140種、クモ80種、樹木91種、野草132種、絶滅危惧種に指定されているクロツラヘラサギもいます。多くの家族が憩い、自然とふれあい、サイクリングや散歩道を楽しみ、大都会の疲れを癒しています。
 
しかしその素晴らしい環境が壊されようとしています。オリンピックのカヌー競技場の建設が、葛西臨海公園に指定されているからです。
 
葛西臨海公園は埋め立て地を造成して24年かけて生態系が形成されました。一度壊した自然を東京は完全とまでは言わないまでも復活させました。こんな素晴らしい大都会の癒しの場を壊したくないのです。
 
25年です。
 
たとえば、75年の人生だったとします。オリンピックというたった16日間のために人生の1/3を費やしてきた時間を捨てることになるのです。
 
25年かけてつくってきたものを一瞬にして壊すのです。
 
私はオリンピックには反対していません。でも、このカヌー競技場の提案に関しては、きっともっと良い進め方があると思います。
 
猪瀬東京都知事、東京招致を成功させた皆さま。どうかカヌー競技場の建設を葛西臨海公園ではない場所で考え直してください。私たちから、かけがえのない緑や動物や自然を奪わないでください。
 
どうか、お願いします。 
 
綿引 静香
 
 
追伸 私は、「佐藤栄記の自然観察日記」と言うブログの記事がFaceboo
kでシェアされていたことがきっかけで、この問題について知りました。以下のリンクからご覧になれますので、ぜひ読んでみて下さい。既に28万人以上の方がアクセスしているそうです。


綿引静香さんが追伸に記載されている「佐藤栄記の自然観察日記」というブログ記事も読んでみました。ご自身で記されていることですが、佐藤栄記さんは「動物ジャーナリスト」を本職とされている方のようです。そのせいでしょう。ブログ記事のあちこちに散りばめられている葛西臨海公園に生息する動物たちの写真は絶品です。この写真を見るだけでもブログの頁を開いてみる価値はありそうです。
 
ただし、私も追記しておきたいと思います。
 
私は、綿引静香さんや佐藤栄記さんと違って2020年東京オリンピックの開催そのものに反対です。理由は以下に書いています。この弊記事もご参照いただければ幸いです。
 
 
上記の弊記事にも記していることですが、2020年東京オリンピックの開催のために費やされる膨大な予算はそっくり福島復興のための予算に振り向けられるべきだというのが私の考え方です。だから、2020年東京オリンピック開催に反対。しかし同時に東京・葛西臨海公園の再開発にも大反対です。綿引静香さんと佐藤栄記さんの訴えはずしりという感じで私の胸にも届きました。私は綿引さんと佐藤さんの訴えに連帯したいと思います。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/663-d43f0390