「はだしのゲン」閲覧規制問題の続報です。
 
はじめに声明(呼びかけ)。
 
「はだしのゲン」閲覧規制問題に関してあらたに『はだしのゲン』閲覧制限問題を考える教員・研究者有志から以下のような「文学と文化の教育・研究に携わる皆さまへ」という呼びかけと『はだしのゲン』閲覧制限措置の撤回を求める要望書が出されています。
 
文学と文化の教育・研究に携わる皆さまへ(呼びかけ)
(『はだしのゲン』閲覧制限問題を考える教員・研究者有志)
 
報道によれば、島根県松江市教育委員会は、中沢啓治『はだしのゲン』について、2012年12月・2013年1月の二度にわたって、市内小中学校学校図書館での閲覧を制限する要請を行っていました。この問題については、すでに多くの市民から疑問と反対の声があがっており、インターネット署名サイト「Change.org」でも、8月23日現在で20,000筆を超える多くの署名が集まっています。すでに、日本図書館協会・図書館の自由委員会(西河内靖泰委員長)からも、教育委員会委員長・教育長に宛てて、当該措置の再考をうながす「要望書」が送付されています。

わたしたちは、この問題は、単に学校図書館における自由な図書利用の問題にとどまらず、文学・文化の教育活動にかかわる重要な問題だと認識しています。文学や文化を愛し、広い意味での文学・文化の教育と研究、普及に携わっている立場から、差し当たり、閲覧制限の撤回を求める「要望書」を、松江市教育委員会委員長・教育長宛てにメールとファックスで送付したいと考えています。
 
以下、この問題を憂慮する教員・研究者の有志が作成・検討した「要望書」の文面を掲げます。この「要望書」をお読みいただき、主旨にご賛同いただける方は、下記の内容についてご記入の上、8月25日(日)16:00までに、
 
hadashinogen.appeal[*]gmail.com ※[*]を「@」に変えて下さい
 
 宛てにメールにて送信くださいますよう、お願い致します。


2013年8月25日(提出予定)
松江市教育委員会委員長 内藤 富夫 様
松江市教育長 清水 伸夫 様
 
『はだしのゲン』閲覧制限問題を考える教員・研究者有志
 
『はだしのゲン』閲覧制限措置の撤回を求めます(要望)
 
この間、報道各社は、松江市教育委員会が、作品『はだしのゲン』を所蔵する市立の全小中学校に対し、同作品の閲覧と貸し出しを制限するよう、二度にわたる要請を行った、と報じています。今回の貴委員会の措置については、すでに全国から多くの反対・批判の声が挙がり、インターネット署名サイト「Change.org」での署名活動(「「生きろゲン!」松江市教育委員会は「はだしのゲン」を松江市内の小中学校図書館で子どもたちが自由に読めるように戻してほしい」)では、すでに20,000筆を超える多くの方々の署名が寄せられています(8月23日現在)。
 
今回の貴委員会の措置は、図書館の自由な利用という見地のみにとどまらず、文学・文化の教育にとっても、看過できない重要な問題をはらんでいます。『はだしのゲン』は、全国各地の学校図書館に所蔵され、原爆や戦争体験を子供たちの現在につながる問題として考えさせる、重要な役割を果たしてきました。それは、これまで教育現場が積み重ねてきた試行錯誤と教育実践の歴史でもあります。こうした経緯と蓄積の検証なしに行われた今回の措置は、長きにわたって続けられてきた教育実践と、それを支えてきた多くの人々の努力を否定することを意味しています。
 
わたしたちは、文学・文化の教育と研究に携わる立場から、貴委員会の措置の撤回を強く要望いたします。
 
『はだしのゲン』の作者・中沢啓治氏は、この作品を通して、原爆を体験した人間の苦しみや怒りを、体験していない人に伝えたかったと言われています。ですが、直接体験した者の苦しみや怒りは、それほど簡単に他人に伝わりません。中沢氏は『はだしのゲン』を通して、どうしたら自分の体験を他者に伝えることができるのか、といった「体験の継承」に関する本質的な問題に立ち向かいました。
 
ゲンをはじめとする作品中の子供たちは、自分の家族や友達を助けられなかった無念とも後悔ともいえる深い罪責感を抱えながらも、広島の荒野を生き延びるために精いっぱい格闘します。躍動感あふれる彼らの姿それ自体が、被害と加害、善と悪、そして戦争とは平和とはいったいどういうものなのかという問いを、ひとりひとりの読者に自分自身の問題として考えるよう促します。またそのようにして、この本を手に取る児童や生徒は、他人の体験を自分の問題として受けとめることの難しさや喜びを経験するのでしょう。『はだしのゲン』が多くの読者、とりわけ子供たちを魅了するのはこうした作品の価値の高さにあります。
 
また、今回の措置の根拠として、「中国大陸での旧日本軍の行動」、とくに「暴力的な描写」が問題とされたとも報じられています。特定の場面を物語全体の文脈から切り離し、その「描写」のみを問題とする姿勢、しかもそれが旧日本軍の加害行為に関わる部分が問題とされていることに、疑問を感じずにはいられません。

日中戦争当時から、当時の検閲当局は、日本軍将兵の中国での捕虜や民間人に対する暴力、中国人女性への性的暴力を想起させる記述を認めないという断乎とした方針を示していました。南京作戦に従軍した兵士に取材した、作家・石川達三の『生きてゐる兵隊』が問題視され、刑事事件として起訴・立件され、日本の敗戦まで読めない作品となっていたことは、よく知られた文学史上の事実です。
 
当時の政府や軍の、〈自国にとって都合の悪いことは知らせない〉という姿勢が、そのときの日本に生きた人々の戦争観や中国観を作っていきました。今回の貴委員会の判断と措置は、貴委員会にそのような意図がなかったとしても、結果として、日本の加害責任を曖昧にしようとする歴史修正主義的な主張に加担し、後押しすることになりかねないと考えます。
 
松江市教育委員会ホームページ「自己点検・自己評価書」(平成23年度)には、市の教育が目指す姿として、「歴史と文化を大切にし、豊かな心を育む」という文言が掲げられています。文学や文化はこれまで、自らとは異なる他者の生を生きる経験を、さまざまなかたちで提供してきました。他者の感じる心や身体の痛み・苦しみも含めて、自分と自分の周囲に置き換えて想像するきっかけとなることで、人間性の基盤を作り、社会や人間への認識を深めていくという重要な役割を担ってきました。
 
くり返せば、『はだしのゲン』は、過去に日本が経験した戦争の、加害・被害双方の記憶を分かちがたく刻みつけた経験の結晶とも言える作品です。だからこそ、これまでも数多くの読者を獲得し、戦争と平和について考える重要な教材として位置づけられ、世界的にも高く評価されてきました。そのような作品に対する貴委員会の今回の措置は、歴史と文化に関心を持つ児童・生徒の、自発的・能動的な学びの可能性をあらかじめ制限し、規制してしまうことに他なりません。

児童・生徒が、この作品を自由に手に取ることができる環境を守ってほしいという多くの市民の声に耳を傾け、貴委員会として、『はだしのゲン』閲覧制限に関わる市立小中学校に対する「要請」を撤回することを、改めて強く要望いたします。(以上)
 
また、本日付け(沖縄タイムスだけは昨日付け)であらたに以下のような社説と記事が出ています。
 
【社説】はだしのゲン 「事なかれ」では守れない
(西日本新聞 2013年08月24日)
【社説】「はだしのゲン」 公による閲覧制限許されない
(愛媛新聞 2013年08月24日)
【社説】はだしのゲン 閲覧制限すべきでない
(京都新聞 2013年08月24日)
【社説】はだしのゲン 拝啓 下村文科相様
(信濃毎日新聞 2013年08月24日)
【社説】[はだしのゲン「閉架」]平和考える機会奪うな
(沖縄タイムス 2013年08月23日)
■【記事】官に盲従 戦前と同じ はだしのゲン閲覧制限問題
(中日新聞 2013年08月24日)

また、本日のブログ記事としては以下の記事が目にとまりました。
 
「はだしのゲン」が叫んでいる-『ずるいぞ! 教育委員会』『えらいぞ! 図書館協会』
(澤藤統一郎の憲法日記 2013年08月24日)
 
なお、こちらのyoutubeには4月20日の松江市教育委員会にねじこんできた右翼の様子が音声記録としてアップされています。「はだしのゲンをおくのなら、小林よしのりの『戦争論』も一緒に置け」と言っています。参考として付記しておきます。
 
なおまた、日本図書館協会が22日、松江市教委に対して「はだしのゲン」閉架措置の再考を求める要望書を提出したことは昨日の記事でも触れていますが、その要望書の内容が伝わってきましたので以下に記しておきます。
 
松江市教育委員会委員長 内藤 富夫 様
松江市教育長 清水 伸夫 様
 
(社)日本図書館協会 図書館の自由委員会委員長 西河内 靖泰
 
中沢啓治著「はだしのゲン」の利用制限について(要望)
 
  松江市立小中学校52校のうち39校の学校図書館が中沢啓治著「はだしのゲン」の単行書全10巻を所蔵しています。報道によれば、昨年8月に一市民が市議会に「子どもたちに誤った歴史観を植え付ける」として同書を学校図書館から除去することを求めて陳情し不採択とされたところ、松江市教育委員会は 12月の校長会で、旧日本軍が中国大陸で中国人の首を斬ったり性的暴行を働く「過激な描写」が「子どもの発達上、悪影響を及ぼす」として、学校図書館において児童生徒への提供を制限するよう要請し、現在、全学校図書館が全10巻を書庫に入れ、児童生徒が閲覧するには教員の許可を、校外貸出しには校長の許可を得なければならないとされています。
 
  貴委員会は「閲覧や貸出しの全面禁止でなければ、(日本図書館協会が表明する)図書館の自由を侵さないと独自に判断」されたと報道されています(「中国新聞」8月19日)。
 
  しかしながら、日本図書館協会「図書館の自由に関する宣言」(1979年、総会決議)は、図書館は国民の知る自由を保障することを最も基本的な任務とし、図書館利用の公平な権利を年齢等の条件によって差別してはならず、「ある種の資料を特別扱いしたり、書架から撤去したりはしない。」と明記しています。
 
 各国の図書館專門機関による国際図書館連盟は、図書館はすべて利用者に資料と施設の平等なアクセスを保障しなければならず、年齢等の理由による差別があってはならないとしています(IFLA Statement on Libraries and Intellectual Freedom 1999)。学校図書館の蔵書についての紛争や裁判を数多く経験するアメリカ合衆国の図書館協会は、年齢によって図書館利用を制限することを戒め、貴委員会と同種の提供制限措置を「目立たない形の検閲」であるとしています(Intellectual Freedom Manual 2010)。
 
  学校図書館において利用が制限されている蔵書を読みたい子どもが、教師さらに校長の許可を求めることの心理的負担は、とても大きいのではないでしょうか。子どもたちはその本を読むことが教師や校長から良くないことだと思われると受け止めるのではないでしょうか。そして場合によっては、読むことを諦めるのではないでしょうか。子どもたちは、学校図書館を、蔵書の内容によっては自由に手に取り、読むことを抑制する場であると受け止めるのではないでしょうか。学校図書館の自由な利用が歪むことが深く懸念されます。
 
  「児童の権利に関する条約」(1989年11月20日,国連総会採択.1994年3月29日国会承認)第13条は、子どもは「表現の自由についての権利」と「あらゆる種類の情報及び考えを求め、受け及び伝える自由」を保障されるとしています。同条第2項は、この保障が除外される場合として「法律によって定められ、かつ次の目的のために必要とされるものに限る」として「(a)他の者の権利又は信用の尊重 (b) 国の安全、公の秩序又は公衆の健康若しくは道徳の保護」としていますが、本件図書はこの除外要件には該当しないでしょう。
 
  子どもの読書活動の推進に関する法律(平成13年法律第154号)は、「子どもの読書活動は、子どもが、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身に付けていく上で欠くことのできないものであることにかんがみ、すべての子どもがあらゆる機会とあらゆる場所において自主的に読書活動を行うことができるよう、積極的にそのための環境の整備が推進されなければならない。」として、その推進を国や地方公共団体に求めています。
 
  貴委員会におかれては、いちはやく全小中学校の学校図書館に専任の職員を配置され、子どもたちの読書活動の環境整備に努められています。
 
  子どもたちの「自主的な読書活動」を尊重する観点から本件措置を再考され、読書活動の環境整備をよりいっそう推進されますよう、お願い申し上げます。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/649-16539319