下記もある人への反論です。私として重要な論点が含まれていると思いますので、少しばかり文章を変更した上でエントリしておきたいと思います。

小沢信奉論批判は政治革新のために私は必須のことだと思っています。民主党が条理無道なことをしているのになぜ民主党の小沢なのか。その批判を徹底的にしない限り政治革新はできません。反感? 確かに小沢信奉論者は私の論に反感を持つでしょうが、その情念的にすぎない反感を深切な論をもって論駁しないことには政治革新などは到底覚束だろうと私は思います。

私は小沢信奉論は反共産党思想とひとつらなりのものだと思っています。私の見るところ、いま、「護憲」勢力に少なくない小沢信奉論者がいます。彼ら、彼女たちは「護憲」の志を持ちながら改憲論者の小沢・信奉にどうして傾くのか? それは、共産党は嫌いだという情念的な反共主義、社民党の極少数政党にも期待は持てない。そうした心情からメディアから叩かれ、検察にも何度も追及されて「受難」「殉教」のイメージのある小沢一郎を自らの主観を仮託して「反権力」と「反体制」を象徴するもののように祭り上げる。そうした大衆の根深いところでの反共主義が小沢信奉論者を増加させる要因になっているように思えます。しかし、共産党にいろいろな点で問題があることも確かですが、自民党政治、それとほぼ同値の民主党政治に変わりうる理念的な革新政治の設計図と展望を持ち、国会勢力としても、大衆勢力としても根強い力を持っている共産党を排除する思想をそのままにして真の政治革新は実現しないでしょう。

私は先日、CMLというメーリングリストに「きまぐれな日々」の主宰者の次のような所見を紹介しました。

「そんな小沢一郎が、『受難』『殉教』のイメージから、『反権力』や『反体制』自体が自己目的化した人たちの支持を集め、最近では従来共産党を支持していた人からも支持者を奪っていることは憂慮すべきことだ。『小沢信者』どころか『小沢支持者』ともいえない『護憲派』の人が、小沢信者が大好きな『特捜暴走 ― 小沢失脚への陰謀」と題した動画を紹介しているのを某所で見て、ため息が出たものだ。」

これはとても重要な指摘です。上記の指摘は、いわゆる革新勢力はここまで保守的思考に侵食されているということを示しています。

あなたは私の論は少なくない人たちに反感をもたれていると指摘します。反感? それが私の非による反感であるならば私はいくらでも反省しますが、革新勢力の思想を根腐れ、根絶やしさせかねない思想の問題の本質を指摘して反感を買う。そうした反感を恐れてどうして政治革新が実現できるでしょう。戦前、平和を真に願う市民は「アカ」「非国民」と呼ばれて日本国民総体から反感を買っていたのです。ある種の人たちの「反感」をものさしにして、その尺度でモノをいう。そうしたものさしの使い方は私は誤っていると思います。

あなたは何を守りたい、というのでしょう? 私たちが守らなければならないのは個々の組織ではなく、この国のとめどもない保守化、反動化の嵐から市民を守らなければならないのです。護憲、平和勢力のある組織に役割があるとして、この国の果てしない保守化、反動化の波をくいとめる防波堤の役割を果たしてこそ意味を持つというべきなのです。

あなたには小沢信奉論の行きつくところのまがまがしい事態がまったく見えていないようです。想像力が及んでいない、というべきでしょうか。小沢一郎は何度も指摘しているようにまぎれもない改憲論者であり、自衛隊海外出兵論者です。いちいちここで論証するつもりはありませんが、彼のいう「ふつうの国」が戦争国家の道を開く道にすぎないことは多くの人が指摘していることでもあります。まがまがしい事態とは、こうした道の行く末のことを言っているのです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/62-b1322e39