私はこの1月の中旬に「革新政党の不振と衰退は目を覆うばかりだ、 総選挙の総括なき敗北は政党消滅への道に通じる――広原盛明さんの論攷のご紹介」という記事を書きましたが、その記事をひとつの契機として主に「憲法の改悪に反対する元教職員ひょうごネットワーク」の佐藤三郎さんのご尽力と熱意によって標記のような討論集会が神戸市で開催されることになりました。私も賛同人のひとりになっています。ぜひ多くの方々に参加して、また賛同人になっていただきたいものです。同討論集会のアウトラインをご紹介させていただこうと思います。

~総選挙敗北を見すえ 立ち直りの途を探る~
とめよう壊憲! 護憲結集! 討論集会

と き 2013年4月14日(日) 13時30分~16時30分
ところ 神戸市勤労会館 405/406号室
(JR・阪神・阪急「三宮駅」東南5分)
問題提起 広原盛明 さん (元京都府立大学学長)
質疑、討論              資料代 700円

昨年の総選挙で議席の3/4に近い348を得た安倍・橋下らの壊憲勢力は、7月の参議院選で2/3以上の議席獲得をめざし、選挙協力をふくめ着々とその準備をすすめています。

彼らの主張は、戦後の国民主権・平和・人権尊重をうたった現憲法体制を根底から変え、「憲法は、権力を拘束・制限する」という立憲主義(憲法の本質)を破壊する「壊憲」そのものです。

1928年の選挙で2.6%の得票だったナチスが、30年には18.3%に。その時16もの政党が乱立し、失業・生活苦・混乱する政治に不満を募らせた国民は、ヒットラーの演説に引き寄せられました。33年3月の選挙の43.9%で全権を掌握したヒットラーは、同年11月にはナチスのみ出馬の選挙とし、わずか3年で92.2%を得票、後は戦争と破滅への道へとなだれ込んだ。この30年代のドイツ情勢が今の日本と重なり、鳥肌の立つ思いがします。

「このままでは大変なことに…」と思いながら、「どうしたらよいか…」「時間がない…」「結局あかんのでは…」と一人で悩んでいる人は少なくありません。参院選までの数か月は、護憲・平和・生活擁護にむけ基本の志を同じくするものが、「どうすれば、共同して、壊憲派にどう立ち向かうことができるのか」を話し合い、同時に「護憲政党にも、もの申す」必要性を痛感します。

「革新政党の不振と衰退は目を覆うばかりだ。かかる事態を招いた原因や背景を究明し、いかにして立ち直るか、という今後の方針を見出す作業は、絶対にゆるがせにできない」と呼びかけている広原盛明さんの提言を受け、「壊憲阻止の結集を願う討論集会」を開催します。ぜひご参加下さい。

〔講師紹介〕 広原盛明さん

広原盛明   元京都府立大学学長。2003年に幅広い市民でつくる「市民ネット」と「民主市政の会」との共同推薦で京都市長選に立候補、174847票(得票率40.5%)を獲得するも、保守系現職に惜敗した。

 ~なぜかくも気が重いのか。理由は2つある。ひとつは革新政党(社民党、共産党)の得票数の落ち込みが並み大抵のものではなく、歴史的な惨敗・大敗を喫したという厳しい選挙結果に圧倒されたからだ。もうひとつは、にもかかわらず選挙総括が現実を直視したものになっておらず、その体質に絶望に近い気持ちを抱かざるを得ないからだ。選挙総括は、このような事態を招いた原因や背景を究明し、そこからいかにして
立ち直るかという今後の方針を見出す作業だから、絶対にゆるがせにできない。選挙総括にはいわば政党の未来がかかっているのであり、キチンとした総括ができない政党には「未来がない」と言っても過言ではないからである。~(広原さんのブログより/うら面に資料)

〔主催〕4・14とめよう壊憲!護憲結集! 討論集会実行委員会
問い合わせ 憲法の改悪に反対する元教職員ひょうごネットワーク
Tel/Fax 078-733-3560 Eメール minami2satou@kxa.biglobe.ne.jp (佐藤三郎)

〔資料〕① 数字にみる2012年 総選挙結果
社民党は前回301万票の過半数152万票を失い、共産党も前回494万票の1/4に当たる125万票を失ったことは少数政党とはいえ両党が革新政党の中心的存在であるだけに、日本の革新勢力にとっては大きな痛手であることは間違いない。

 その結果、社民党得票数は301万票(4.3%)から142万票(2.4%)へ、議席数は7→2(比例4→1、小選挙区3→1)へと激減し、共産党もまた494万)票(7.0%)から369万票(6.2%)へ、議席数は9→8(比例9→8、小選挙区0→0)へと後退した。

この数字の意味するところは深刻だ。一言で言って、社民党は“解党的惨敗”、共産党はその一歩手前だと言ってよい。現行の選挙制度では得票率が4~5%を割ってくると、小選挙区はもとより比例代表区の議席数が極端に少なくなるという特徴がある。今回の社民党得票率はいわばその“臨界点”を超えてしまったのであり、共産党はそれに近づいているといえるからだ。…(広原さんブログより)

〔資料〕② 沖縄の集会にみた革新結束力 1/9朝日「声」欄より
 「千葉県松戸市から沖縄に転居して2ヶ月余り。昨年12月23日に宜野湾市で開かれた県民集会に初めて参加した。大変新鮮な光景だった。…壇上に共産、社民、沖縄社会大衆党の国会議員4人が勢ぞろいし、互いに他党議員の名を挙げて健闘をたたえ合い、固く手を結んで共闘を誓い合った。…沖縄の革新勢力が基地撤去の粘り強い闘いを続け、かつて名護市長選で勝利したことなど、国会での議席数だけでは計れない大きな力を発揮しているのは共同、共闘の力にほかならない。中央の共産、社民党がこの沖縄の姿を全国に広げることを望みたい。(鬼原悟:無職、那覇市59歳)」

賛同 / 石塚 健・佐藤三郎(憲法の改悪に反対する元教職員ひょうごネットワーク) 色平哲郎(内科医) 李敬宰(高槻むくげの会) 石田加代 市村善之 岩野政樹 大西誠司(北神戸9条の会) 恩田怜(元神戸市議) 梶原義行 加納花枝(I女性会議) 河内謙策(弁護士アピールを支持する市民の会) 木下達雄(平和憲法を広げる兵庫県民会議・阪神) 下司正彦(憲法を生かす須磨区の会) 神戸YWCA平和活動部 小寺山康雄(ポポロ) 後藤玲子(弁護士) 桜井幡雄(すまはまの会) 嶋谷数博 市民社会フォーラム 高島 仟(元神戸市交通労働組合委員長) 高田富三(神戸再生フォーラム) 竹山清明(京都橘大学) 田中敏夫(西須磨9条の会) 坪谷令子 出口俊一(兵庫県震災復興研究センター) 東條健司(多井畑9条の会)  中島 淳(神戸芝居カーニバル実行委員会事務局長) 中島秀男(憲法を生かす会・垂水)  中田作成(新しい神戸をつくる市民の会) 羽柴 修(弁護士・9条の心ネット) 東本高志(ブログみずき~「草の根通信」の志を継いで~主宰) 飛田雄一(神戸学生青年センター館長) 増田 紘(多聞/神陵台9条の会) 村井雅清(被災地NGO恊働センター代表) 村岡到(参院選選挙協力を望む会) 村上真平(農民) 室田正則 毛利正道(弁護士) 守田基師子(話し方コンサルタント) 山崎 貢(憲法を生かす北区の会) 吉岡治子 吉田俊弘(憲法を生かす会・灘)   〔2月25日現在〕

賛同のお願い  (下記の用紙でFAX、または E‐Mail 等でお願いします)

「とめよう壊憲!護憲結集!」への「討論集会実行委」の取組に賛同します。
                      (個人、団体いずれでもけっこうです)。

お名前                                    

おところ                                                           

連絡先 TEL・FAX                         

E-Mail

あて先 Tel/Fax 078-733-3560  Eメール minami2satou@kxa.biglobe.ne.jp
                                        (佐藤)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/538-f7186d80