FC2ブログ
あるメーリングリストに少し前に飯田哲也氏や古賀茂明氏は大阪エネルギー戦略会議内で内ゲバを起こして橋下氏と袂を分かった云々という記事が投稿されたことがありました(注)。

注:大阪市長の橋下氏、大飯再稼動で本性を現してから5ヶ月、今度は、「安全な原発」なら輸出するというのです。これ、毎日放送のVOICEが報じました。あれだけ脱原発と言っていたのに、安全な原発なら輸出して日本の経済を発展させるというものです。ヲイヲイ、です。安全な原発って・・・?このニュース見て、私は唖然です。

ところが、大阪エネルギー戦略会議は反発しており、飯田哲也さん、世界は原発から撤退、原発輸出などは時代遅れと批判しています。どうやら、橋下氏肝いりのエネ戦も内ゲバの模様です。これ、創の今月号で、大谷昭宏さんが、飯田さんや古賀茂明さんも橋下氏と離れ、残っているのは堺屋太一氏のみ(堺屋氏は大阪万博のドサクサにまぎれて福井に原発を建てたと10年以上前の噂の眞相の記事にありました)と言われていたことと一致します。

が、飯田氏は依然橋下サイドにいるようです。

飯田氏の最近のツイッタ―に次のような記事があります。

飯田哲也(いいだてつなり)
@iidatetsunari

NHKも報道。本当に解散か....?もしそうなら、小沢&維新封じと選挙後の連携で、野田官邸周りと自公が野合したか?
(NHK11/14)衆院選 来月4日公示・16日投票へ http://nhk.jp/N44Y5evj
2012年11月14日 - 3:36
https://twitter.com/iidatetsunari/status/268678741373353985

上記で飯田氏がのたまう「小沢&維新封じ」とはどういう意味か?

上記で飯田氏は野田民主党政権は「小沢&維新封じ」のために自公と野合して衆院解散に及んだ、と野田政権を批判しているのです。飯田氏の野田政権批判はともかく、上記の「小沢&維新封じ」という飯田氏のもの言いから明らかなのは彼はいまだに橋下・維新の会に軸足を置いたもの言いをしているということです。

飯田氏が「思想や信条を教育現場等で押しつけることへの橋下氏への異議を主張」していたというのはあくまでも選挙戦用のつくり話(ウソ)でしかなかったことは上記の一事を見ても明白です。飯田氏はいまでもあの違憲、違法、不当な思想調査アンケートを強行した反民主主義の道化師、プチ独裁、ポピュリストの橋下のブレーンなのです。

飯田氏は今日現在においても依然大阪市特別顧問のままです。

私の地元の「緑の党」が飯田哲也氏を呼んで原発問題講演会を開くという。それはいかんぜよ、と書いたのが以下の文章です(相当箇所に重複する箇所がありますがご容赦)。

飯田哲也氏が山口県知事選に立候補し、その飯田氏を勝手連的に応援しようという動きがあったとき、私は彼を批判する以下のようなメールを本MLに発信しました(2012年7月10日)。

四度、飯田哲也氏の「脱原発」主張のほんもの性の可否を論じる

その私の飯田氏批判のメールに対して、飯田氏は宇部市であった講演会で「思想や信条を教育現場等で押しつけることへの橋下氏への異議を主張」していたという反論メールがありましたが、その反論メールに対しても私は事実に基づいて飯田氏の左記のような主張は事実に反していること、すなわちウソであることを立証しておきました。

■四度、飯田哲也氏の「脱原発」主張のほんもの性の可否を論じる(追記部分参照
その私の上記の立証を裏づける発言を飯田氏は最近になっても繰り返しています。すなわち、次のような発言です。

飯田哲也(いいだてつなり)
@iidatetsunari
NHKも報道。本当に解散か....?もしそうなら、小沢&維新封じと選挙後の連携で、野田官邸周りと自公が野合したか?
(NHK11/14)衆院選 来月4日公示・16日投票へ http://nhk.jp/N44Y5evj
2012年11月14日 - 3:36
https://twitter.com/iidatetsunari/status/268678741373353985

上記で飯田氏がのたまう「小沢&維新封じ」とはどういう意味か?

上記で飯田氏は野田民主党政権は「小沢&維新封じ」のために自公と野合して衆院解散に及んだ、と野田政権を批判しているのです。飯田氏の野田政権批判はともかく、上記の「小沢&維新封じ」という飯田氏のもの言いから明らかなのは彼はいまだに橋下・維新の会に軸足を置いたもの言いをしているということです。

飯田氏が「思想や信条を教育現場等で押しつけることへの橋下氏への異議を主張」していたというのはあくまでも選挙戦用のつくり話(ウソ)でしかなかったことは上記の一事を見ても明白です。飯田氏はいまでもあの違憲、違法、不当な思想調査アンケートを強行した反民主主義の道化師、プチ独裁、ポピュリストの橋下のブレーンなのです。

飯田氏を「脱原発」「革新」の旗手として大分に迎えるなど「革新」の旗を掲げる者としてあるまじきことだと私は思います。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/478-5a3a42b4