いわゆる陸山会(政治資金収支報告書虚偽記載)事件で小沢一郎元民主党代表に無罪判決が出ました。しかし、同判決で小沢氏の「無実」が証明されたというわけではありません。

一般に無罪とは「犯罪の証明が認められない」という司法判断以上のものではない上に、同判決は同裁判の公訴事実のひとつである政治資金収支報告書の虚偽記載について「元秘書らによる報告書への虚偽記載があったと認定し」ており、また、「4億円を記載しないことについて元代表への『報告・了承』があったのかについては『秘書らは自ら判断できるはずはない』と指摘し、元代表の了承を認定」しています(毎日新聞社説 2012年4月27日)。その裁判所の認定が正であることを前提にして以下述べますが、そうした虚偽記載の事実がある以上、たとえ小沢氏と秘書との間に「共謀」が認められなかったとしても小沢氏には政治家、また一般に上司としてもその秘書の虚偽記載を質す責任があることは社会常識として明白で、その政治家としての小沢氏の監督責任、道義的責任まで「無実」ということはできないからです。同判決も無罪判決を出す一方で「共謀共同正犯が成立するとの指定弁護士の主張には相応の根拠があると考えられなくはない」とも指摘しています(産経新聞社説 2012年4月27日)。さらに虚偽記載の4億円の原資の出所についても依然明らかではありません。

しかし、この小沢氏の無罪判決を受けて小沢氏は「復権」し、かつ、小沢派、小沢氏サイドも九死に一生を得たかのような、それだけに従前にも増して強い勢いを取り戻す、あるいは取り戻そうとすることは自明というべきで、それゆえにいわゆる小沢氏信者の信者ゆえの盲信の勢いもいや増していくことになるでしょう。それゆえに私もなおさら注意を喚起しておきたいことがあります。それは小沢氏信者、小沢氏擁護論者周辺のいま現在の醜悪のさまについてです。以下、その一例としてのいまや小沢氏擁護イエロー・ジャーナリズム団体として勇名をはせる自由報道協会とその協会の代表の上杉隆というフリー・ジャーナリストの今日的な醜悪のさまの一報告です。

私は先に自由報道協会が設立1周年を機に今年の1月に創設した「自由報道協会賞」の部門賞に記者会見賞なる「報道」とはまったく異質のアワードをあえて設け、報道する側ではなく、報道される側の政治家としての小沢一郎氏に賞を授与しようとしたことについて(多くの人の批判を受けてその賞の授与は結局断念した模様ですが)、上杉隆氏をはじめとする「自由報道協会賞運営委員会の面々のジャーナリストとしてのセンスと見識を疑」う旨の厳しい批判をしておきました。いや、その自由報道協会の行為はジャーナリズム精神のかけらも見られないおよそジャーナリズムを標榜する団体としてはあるまじき行為というべきものですからあまりにも優しすぎる批判であった、といっておいた方がより適切な表現というべきかもしれません(「『糞バエ』の意地を見せた高田昌幸氏(元北海道新聞記者)の「自由報道協会賞」受賞辞退の弁」弊ブログ 2012年1月28日)。
 
また、自由報道協会代表の上杉隆氏についても、彼の書く記事の信憑性について、もっと端的に言えば、その記事の引用が恣意的に改ざんされていることについて重大な疑義を提示してもいます(「陸山会事件判決 小沢氏擁護論の論理ならぬ『論理』が抱える脆弱性について」弊ブログ 2011年10月11日)。
 
その上杉氏の記事中の引用の改ざんがいっそう決定的に明らかになりました。まず以下の情報をご覧ください。上杉隆氏の夕刊フジの短期連載記事「福島の真実 原発崩壊」の捏造に関する情報です。

上杉隆、夕刊フジで捏造記事か?!(togetter.com 2012年3月27日現在)
 
上記についてbuveryさんが「( →_→) 『捏造なう』」(buveryの日記 2012年4月18日)という記事で上杉氏のその捏造の実態を完膚なきまでに証明しています。
「先日、私が、『福島のプルトニウムは無視して良い』と考えるわけという記事の中で、『プルトニウムフェチ』の人がいると書きましたが、その人の本名は上杉隆と言います。彼の書く放射線関連の記事は、ほとんど間違っていると私は評価していて、それは、別に驚く事ではありません。/しかし、今度ドブレイユさんが引用されているzakzakの記事は、『間違い』ではなく、捏造であると私は思います。(略)私は、上杉隆は、放射能の人体に対する影響について、単に無知であると思っていましたが、コメントを捏造するとなると、話は違う。これは、意図しないとできないことです。だから、放射能についても無知なのではなくて、意図して嘘をついているのではないか、と疑い始めました。(以下、略。全文は上記URL)」

同様の認識は以下でも述べられています。

上杉隆さんの捏造話が洒落にならなくなってきている(BLOGOS やまもといちろう 2012年4月19日)
朝日新聞、NHK、上杉隆氏、岩上安身氏のデマ報道が風評被害を拡大して2次災害を作り出している
岩上安身「お待たせしました!福島の奇形児についてスクープです!」(フェー速 2011年12月4日)
自由報道協会の自壊 (池田信夫blog 2012年1月31日)

少し違った角度からは次のような指摘もあります。

「ウェブ上での原発危機関連の発言で、一つ不思議なのは、小沢派と目されるジャーナリスト(上杉隆ら)や無名のブロガーたちが、危機意識を煽りまくっている(略)、というのが率直な印象なのである。様々な情報・見解を提供してくれている原子力資料情報室(CNIC)のような、それ自体としては有益であろう機関も、青木理や岩上安身のような小沢派ジャーナリストが積極的に関与しているのを見ると、いささか距離を置いて考える必要性を感じざるを得ない。」(「佐藤優の原発問題関連の発言について(4)」金光翔 2011年4月2日付)

「いささか距離を置いて考える必要性を感じざるを得ない」機関、またはメディアとして私は NPJ(News for the Peaple in Japan)、マガジン9、さらには週刊金曜日、世界などの媒体も挙げておきたいと思います。

上出のやまもといちろうさんは言います。「ここまできて擁護できる人はどのくらいいらっしゃるのでしょうかねえ…」、と。

いずれにしても早晩、「小沢派」系ジャーナリストたちは自壊と瓦解をせざるをえないでしょう。いや、一日も早く瓦解させなければ、エセ脱原発とエセ民主主義はこの国の市民運動に否応なく蔓延し、そして、この国の市民運動を決定的に根腐れさせてしまうことになるでしょう。私が強く警告しておきたいことです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/424-3a9bbda4