キョウ きたちょうせん4

Blog「みずき」:背筋が凍る思いだ。メディアは安倍政権の広報機関化して根拠のない北朝鮮バッシングの記事を何度も何度も繰り返し垂れ流す。そして、それを恥とも思っていない。事実に基づかない報道を繰り返してなにがジャーナリズムか。私は激しい怒りにかられる。この問題について鬼原悟さん(「アリの一言」ブログ主宰者)は「恐怖」と書いていますが、いつの場合もジャーナリズムの権力への屈服と軍靴の足音は一対をなしています。まさに恐怖というほかありません。

「関西では大阪朝日新聞の不買運動が起こり、さらに憤慨した右翼団体・黒龍会の構成員七人が通行中の大阪朝日新聞社の村山龍平社長の人力車を襲撃し、村山を全裸にしたうえ電柱に縛りつけ、首に「国賊村山龍平」と書いた札をぶら下げる騒ぎまで発生した。(略)事態を重く見た大阪朝日新聞では10月15日、村山社長が退陣し、上野理一が社長となり、鳥居素川編集局長や長谷川如是閑社会部長ら編集局幹部が次々と退社。(略)12月1日には西村(天囚、編集顧問)の筆になる「本社の本領宣明」を発表し、「不偏不党」の方針を掲げた。こうして大阪朝日新聞は、発行禁止処分を...免れることになった。これは大阪朝日新聞の国家権力への屈服を象徴しており、これ以降、大阪朝日新聞の論調の急進性は影をひそめていく。」(ウィキペディア『白虹事件』)


【山中人間話目次】
・背筋が凍る思いだ。メディアは安倍政権の広報機関化して根拠のない北朝鮮バッシングの記事を何度も何度も繰り返し垂れ流す
・岩月浩二さん(弁護士、「街の弁護士日記」ブログ主宰者)も政府、メディア一体の「ミサイル狂想曲」に当然批判的です
・安倍政権のJアラートによる緊急避難指示に対するtoriiyoshikiさん(元NHK・ETVディレクター、ハーフリタイア)のツイッターによるリアルタイムな反応
・阿部治平さん(青海省青海師範大学講師など歴任)の「民進党代表選挙に望むこと」――民進党が今日国民に信頼されなくなったのは、民主党政権時代の失政に原因がある
・8月15日と言えば、安倍首相は、全国戦没者追悼式での挨拶をそそくさと済ませて、こんなところで、麻生財務大臣たちと高笑いパーティー
・辺見のいう「菩薩の目」を持った娘はおそらくもうこの世にはいないだろう。悲しみさえ超えて時は茫々としてすぎてゆく
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2354-cc59d393