キョウ しばきたい4

Blog「みずき」:この菅野完事件(強姦未遂民事裁判事件)の本質は、菅野完が暴力・暴言集団のしばき隊の元幹部構成員であり、そして、そのしばき隊はこれまで共産党の実質的な下部組織、または下部の実働部隊として行動し、その行動を共産党も容認してきたというところにあります。すなわち、「革新」を名乗る集団の構成員の性犯罪というのが事件の本質ということができます。いまの「革新」の低次元きわまる生態を示してあまりある事件ということができるでしょう。

著述家の菅野完氏に賠償命令 女性をベッドに押し倒す - 共同通信 2017年8月8日...
東京地裁:菅野完氏に賠償命令 女性をベッドに押し倒す - 毎日新聞 2017年8月8日
作家の菅野完氏に賠償命じる判決 女性への不法行為認定:朝日新聞 2017年8月8日

山崎舞野さんの「『日本会議の研究』著者の性暴力事件裁判、いよいよ判決。この事件から見えてくること、考えるべきこととは」という裁判傍聴記の冒頭部分を引用しておきます。この事件の破廉恥さとそれゆえの重大性がよく理解できます。(略)


【山中人間話目次】
・しばき隊元幹部構成員の菅野完の強姦未遂事件の民事裁判の判決の意味
・長崎原爆忌。石牟礼道子の「一番最後まで残った朝鮮人たちの死骸のあたまの目ン玉ばカラスがきて食うとよ」という文章
・長崎の原爆投下の日にトランプ・アメリカ大統領が北朝鮮に核戦争の可能性を仄めかして脅す
・市民に不忠、政権に忠実な者が出世する社会でよいのか――もちろん、 森友問題答弁の佐川・国税庁長官のことである
・浅井基文さん(元外交官、政治学者)の「ロシアにおけるスターリン再評価の動き(中国側見方)」という見方への少なくない疑問
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2336-d636ddb4