キョウ きょうのことば2

Blog「みずき」:翁長知事(沖縄県)の主張をなぞるだけの沖縄タイムスの社説はまるで行政の主張の代弁者のようです。県民の中に根強くある埋め立て承認撤回の主張に一言も言及しない同紙の社説は沖縄の地元紙の社説としてもジャーナリズムの社説としても失格というべきでしょう。それに比して琉球新報はこれまでの社説でも埋め立て承認撤回の重要性について言及してきました。ジャーナリズムとしての本来の面目を保つか。おそらく明日の朝刊に掲載される琉球新報の社説に注目したいと思います。

【山中人間話目次】
・翁長知事(沖縄県)の主張をなぞるだけの沖縄タイムスの社説は沖縄の地元紙の社説としてもジャーナリズムの社説としても失格というべきでしょう
・翁長知事の今回の工事差し止め提訴に対する仲宗根勇さん(うるま市在住、元裁判官)の強力な反対意見
・鬼原悟さん(「アリの一言」ブログ主宰者)の翁長知事の工事差し止め提訴のまやかし批判
・広島市立大学が韓国人准教授を懲戒解雇…本人が「日本の右傾化が原因」「民族差別だ」と反撃(続報)
・作家の平野啓一郎さんの簡明で断固とした「共謀罪」反対論としての「日本の分水嶺」という提論(西日本新聞 2017年6月4日)
・大西宏さんの「内閣支持率変調の兆しを感じる」は減少傾向の続く現在の安倍内閣支持率の変化を知る上で適切な資料にもなりえています
・辺見庸は大道寺将司の「骨」に云う。「おい、骨よ! なにがみえる?」
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2290-2d311d8a