キョウ おにかいひろお
凝視する赤子

Blog「みずき」:高世仁さんの文章を読んで鬼海弘雄という人とインディアの写真集に魅了されました。世の中にはこういう人もまだまだいるんだな、という共感の思い。「カメラを買うお金も先生がくれた」というのもいい。こういう先生もまたいる。

「鬼海さんは1945年、山形県生まれ。高校を卒業し県職員として働き始めたが、「この先どんな生き方をおくるかが、もう丸見えのような気がした。それで、今までやってきた“実務”から一番遠いものは何だろうと考えていたら、哲学っていうのがあるらしいぞ」と退職して法政大学の哲学科に進む。そこで哲学者、福田定良と会ったことが人生を変えた。「考えることがいかにおもしろいか」に気付かされ、大学卒業後も就職せず、トラック運転手、職工、マグロ漁船の乗組員などしながら、自分に合った表現方法を探し、写真に行きついた。福田先生には卒業後もずっと師事し、カメラを買うお金も先生がくれたという。経歴からしてもう「哲学する写真家」である。」(高世仁の「諸悪莫作」日記 2017-05-27 )


【山中人間話目次】
・辺見庸、永山則夫と大道寺将司の死を哭く――どきりとする美しい文章
・TBS『報道特集』の創価学会員の共謀罪法案批判への疑問と疑念
・高世仁さんの文章を読んで鬼海弘雄という人とインディアの写真集に魅了されました
・浅井基文さん(元外交官、政治学者)の日本の伝統的政治土壌の根源的な問題から問い直す根底的な安倍政権批判
・沖縄の佐藤学さん(沖縄国際大学教授)の沖縄の視点から見た安倍政治の根源的批判
・徐京植さん(東京経済大教授)の「12.28日韓合意は破棄すべし」という視点からの安倍政権批判。ハンギョレ紙のインタビュー記事。
・文在寅氏のひそかな改革か 韓国・青瓦台が大統領への「敬語」をやめる?
・沖縄タイムスの本日(28日)付社説は翁長知事の埋め立て承認「撤回」宣言先延ばしという重大な不作為と公約違反に手を貸していると言わざるをえません
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2282-57556f9a