キョウ りっけんでもくらしーのかい
立憲デモクラシーの会(右端は中野晃一さん)

Blog「みずき」:「立憲デモクラシーの会」の声明は「自衛隊はすでに国民に広く受け入れられた存在で、それを憲法に明記すること自体に意味はない」「現状を追認するだけだから問題はないとも言えない」などと言う。「立憲デモクラシーの会」は安倍政権と同様の民間の自衛隊追認機関か。ここにはいま現にある「武力の行使の放棄」(憲法9条1項)と「戦力の不保持」(同2項)を規定した憲法を守ろうとする法律学者の使命感もその姿勢も微塵も見られません。この「立憲デモクラシーの会」の今回の声明はいわゆる「護憲」(リベラル・左派)勢力はここまで堕落していると自ら表明しているようなものです。「立憲デモクラシーの会」をリベラル勢力とはとてもみなすことはできません。「立憲デモクラシーの会」は市民を誤った方向に導いています。もちろん、「護憲派」(リベラル・左派)を自負する者はこうした堕落のきわみといってよい「立憲デモクラシーの会」の安倍改憲批判を追認するようなことはあっては決してならないでしょう。私は「立憲デモクラシーの会」に集う「学者」たちを弾劾する。

【山中人間話目次】
・「立憲デモクラシーの会」は安倍政権と同様の民間の自衛隊追認機関か。ここにはいま現にある「戦力の不保持」を規定した憲法を守ろうとする法律学者の使命感もその姿勢も微塵も見られない
・自民党内超タカ派でしかない小池百合子を共産党は「是々非々」などという戯言を弄しながらなぜ支持するか。共産党が安倍改憲反対をぶち上げても、小池支持と安倍改憲反対の主張にはまったく整合性はない
・菅官房長官、国連特別報告者を「個人」呼ばわり、「質問」に抗議――菅義偉官房長官は、何か勘違いをしているようだ
・国連のプライバシー権に関する特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏は菅官房長官の抗議の記者会見を「中身のない逆ギレ」と反批判しています。まさにそのとおりです
・ZEDさん(「Super Games Work Shop Entertainment」ブログ主宰者)のリベラル・左派が批判しない文在寅韓国大統領批判
・乗松聡子さんのうるま市「島ぐるみ会議」の翁長沖縄県知事宛「前知事の辺野古埋立承認行為の即時撤回を求める要請書」の紹介
・年金制度を厚生年金と国民年金に分断し、国民年金の場合は満額支給でも月額で約6万5000円(2015年度)と人としてまっとうに生きていくことのできない金額しか支給されない。ここに根本的な問題があります
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2275-35ca3692