キョウ あべてるえ4

Blog「みずき」:民進党の細野豪志の発言。「安倍総理が児童養護施設の教育に熱心なのは、昭恵夫人の影響があると思う。彼らへの給付型奨学金の創設は画期的だ。よく決断してくれたと思う(続く)」(2月18日付Twitter)。その発言に対するmoriokahigumaさんの感想。「安倍夫妻によるヘイトを奨励する学校への優遇が問題視されている時に、あなたは何を言っているのだろう。政治家としてのセンスのなさをさらすのは止めた方がよいと思うが・・・」(2月19日付Twitter)。また、toriiyoshikiさんの感想。「悲しくなるほどの政治音痴。この人の賞味期限もあっという間に切れてしまったなあ。民主党政権の環境相時代、福島を熱心に支援していた、政権にもルートを持つある科学者が「彼(細野氏)は口だけで中身がないから」とおっしゃっていたが、見る人は見てたんだねえ…」。

おふたりの「感想」に同意する。それにしても安倍(自民党)といい、細野(民進党)といい、こういうやからがこの国の国会議員であるという。安倍にいたっては首相だ。志位(共産党)はその民進党に「野党共闘」なるものをもちかけて得意然としている。そのどこにこの国の「未来」があるというのか。「見る人は見て」いるのだから、しっかりしてくれよ、おい。(東本高志FB 2017年2月21日)


【山中人間話目次】
・いまこの時期に安倍首相の児童養護施設教育構想を「画期的だ」として賞賛する民進党の細野豪志の政治音痴の発言といわゆる「野党共闘」
・この伊藤三郎さん(元朝日新聞ロンドン特派員、編集委員)の「リベラル21」紙の記事はなんとも腰の据わっていない記事です。
・トランプ政治の特別な危険性(1)――アメリカと北朝鮮の「核戦争の危機」を暗示する浅井基文さんの指摘とトランプの精神に危惧を抱く米精神科医連名の指摘
・トランプ政治の特別な危険性(2)――起きてもいないテロがスウェーデンで起きたかのようにフェイクニュースを流す
・カナダ・オンタリオ州で南京大虐殺を記憶する日を設ける動きに対する日系人団体の反対を批判する日系人の声明に賛同の声が高まっています
・どちらかといえば保守と自認する人の「元々日本のリベラル思考の人はかなり少ない」という指摘
・「原発メーカー訴訟の会」前事務局長の崔勝久(チェスング)さんの島昭宏弁護士(原発メーカー訴訟共同弁護団長)と河合弘之弁護士(同左)批判
・琉球/沖縄が「植民地」化されたという歴史的事実の証明――京大に琉球人骨26体

【山中人間話】








関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2190-3f5a507d