キョウ にほんしね2

Blog「みずき」:人権派の弁護士として高名な澤藤統一郎さんが今日づけの同弁護士のブログに「『保育園落ちた日本死ね!!!』の表現を擁護する」という文章を書いています。(略)しかし、私は、澤藤統一郎さんの「保育園落ちた日本死ね!!!」ブログ擁護論に反対です。反対の理由としてこれまで私の書いた文章の中から3つの文章をあげておきます。それ以上のことはここでは述べません。URLだけを示した記事を含めて全文をじっくり読んでいただければ私が澤藤統一郎弁護士の論に反対する理由がおわかりいただけるものと思います。ひとつ目は当時の朝日新聞の「声」欄に掲載された67歳の主婦の声です。その方は次のように書いています。この問題の危険性の本質を突いたこれ以上の簡明な言葉はないのではないか。(略)ふたつ目は作家の星野智幸さんのいわゆる「罵り言葉」が社会に蔓延するようになったことについての次のような指摘です。「罵り言葉」の蔓延は容易にポピュリズムと結びつくという好例の適示。(略)3つ目は最近わかった「「保育園落ちた日本死ね!!!」ブログ主宰者の正体を加味した私のFB記事から。「保育園落ちた日本死ね!!!」の表現は「弱者の悲鳴である」という澤藤統一郎さんの評価は事実として誤りであることの証明になるでしょう。(以下、略)

全文は以下のFB記事参照。

【山中人間話目次】
・澤藤統一郎弁護士の「『保育園落ちた日本死ね!!!』の表現を擁護する」という論に反対する
・平和に生きる権利をすべての人に認める「平和への権利宣言」が国連総会で採択。しかし、日本は反対
・森友学園(「安倍晋三記念小学校」)問題に関するtoriiyoshikiさん(NHK・ETVディレクター、ハーフリタイア)の簡明で本質的な論
・安倍政権の支持率66%。吉本隆明のいう「大衆の原像」はもはや存在しない。翻って日本社会という重篤の病者の病状は狂気の段階にまで到っている、と思わざるをえない
・内藤正典さん(同志社大学教授。トルコ・中東政治)の観点から見る「共謀罪」論
・山口厚最高裁判事の就任について現役裁判官がコメント:「今回の人事は明らかに官邸の意向だ。弁護士出身の最高裁判事が政府をいら立たせる意見を書くから,官邸が最高裁に圧力を加えたのだろう。」
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2189-3d68bbe3