キョウ いなだあけみ3

Blog「みずき」:南スーダンへの自衛隊員派遣問題についてはこちら、稲田朋美の「国民は国のために血を流せ」などの暴言ビデオはこちらこちらを合わせてご参照ください。安倍晋三とともに「人殺し」政策(自衛隊「駆けつけ警護」班の南スーダン派遣計画・訓練)に猪突妄進する稲田朋美はあまりに危険すぎる人物です。

【こんなコズルイ感覚で「新たな英霊」を誕生させるなど断じて許されない】
“ウルトラ右翼”
稲田朋美防衛大臣から目を離すな。安倍首相の肝いり、当選4回で2度目の入閣、出世街道まっしぐら。新閣僚のうち保有資産はトップ。総資産1億8千万円。防衛関連企業の株も夫の弁護士・稲田龍示名義で、三菱重工・川崎重工・IHIなど1万7千株、三菱電機2千株、日立製作所3千株を保有する。15日にはアメリカで講演し、「南シナ海」では、日本の海上自衛隊と米海軍の共同巡航訓練を行い、ベトナムやフィリピンに軍事支援を強化すると述べた。「日本会議議連」の政策審議副会長を務め、これまでに憲法9条を変えて国防軍の創設を主張し、「国民は国のために血を流せ」と発言。「戦争法」が成立した昨年も、女性誌のインタビューで「男子も女子もみんな自衛隊に体験入隊すべき」と言い、今年5月には「(安保法は)愛する人を守るために必要です」と吹聴している。ところがカネには汚い。彼女の資金管理団体「ともみ組」の収支報告書を見るとよい。なんとそこに添付された領収書のうち、政治資金パーティーに支出した260枚・520万円分の領収書が偽造だった。白紙の領収書に、後から勝手に手書きで記載したという。これまで大量の缶ビールやアイス、カップラーメンなども「事務所費」として計上し、政治資金で賄っている。こんなコズルイ感覚で、南スーダンPKOに自衛隊員を派遣し、「新たな英霊」を誕生させるなど、断じて許されない。(Daily JCJ 2016年09月18日

【山中人間話目次】
・平安名純代記者(沖縄タイムス)の眼。鋭く、清澄な、沖縄の魂を感じる記事
・木村草太&神保哲生&宮台真司の辺野古裁判判決批判
・ラルフ・ネーダー(2000年米大統領選にグリーン・パーティから出馬)のサンダース批判
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2059-d2bff03e