キョウ さがみはらじけん6  
Blog「みずき」:辺見庸相模原事件考。誰も言わないこと、見ていないところに光を当てて、そのの下の鋭角、あるいは鈍角の面をあぶり出していくというのが辺見の論の特徴ですが、今回は辺見も同事件の相をつかみかねているようです。「のどもとにせりあがってきているものはある。それを言葉にしようとする。言葉がボロボロとくずれる。その”芯”を語ろうとしても、どうしてもうまく語りえないだけでなく、わたしの内奥の穴が、仮説という仮説をのみこんでしまうのだ」、と。辺見に限らず私たちに残された人間の方途としては「夜中に思わず嗚咽」してしまうことくらいでしょうか。それくらい今回の事件の性質は語り難く、語り得難い諸相を持っています。私たちは沈思して、いまはしばらく辺見の語るところ、語り得難いところに耳を澄ましてみることにしたいと思います。辺見の「すべての人間は障害者である。」というD.cultureのインタビュー記事もよろしければご参照ください。

【誰が誰をなぜ殺したのか(上)――惨劇がてりかえす現在】
わたしらは体に大きな穴を暗々(くらぐら)とかかえて生きている。その空しさにうすうす気づいてはいる。しかし突きとめようとはしない。穴の、底なしの深さを。かがみこんで覗きでもしたら、だいいち、なにがあるかわかったものではない。だから、アナなどないふりをする。空しさは空しさのままに。穴は穴のままに、ほうっておく。いくつもの穴を開けたまま笑う。うたう。さかんにしゃべる。穴ではなく愛について。ひきつったように笑い、愛をうたい、空しくしゃべる。黒い穴の底に、愛がころがり落ちていく。
相模原の障がい者殺傷事件の容疑者はとっくにつかまっている。だが、誰が、誰を、なぜ殺したのか―― この肝心なことが正直よくわからない。のどもとにせりあがってきているものはある。それを言葉にしようとする。言葉がボロボロとくずれる。白状すると、わたしは夜中に思わず嗚咽してしまった。闇にただよう痛ましい血のにおいにむせたのではない。人間にとってこれほどの重大事なのに、その”芯”を語ろうとしても、どうしてもうまく語りえないだけでなく、わたしの内奥の穴が、仮説という仮説をのみこんでしまうのだ。それで泣けてきた。惨劇からほのかに見えてくるのは、人には①「生きるに値する存在」②「生きるに値しない存在」―― の2種類があると容疑者の青年が大胆に分類したらしいことだ。この二分法じたいを「狂気」と断じるむきがあるけれども、だとしたら、人類は「狂気」の道から有史以来いちども脱したことがないことになりかねない。生きるに値する命か否か―― という存在論的設問は、じつのところ古典的なそれであり、論議と煩悶は、哲学でも文学でも宗教でもくりかえされ、ありとある戦争の隠れたテーマでもあったのだ。

たぶん、勘違いだったのだろう。自他の命が生きるにあたいするかどうか、という論議と苦悩には、これまでにおびただしい代償を支払い、とうに決着がついた、もう卒業したと思っていたのは。それは決着せず、われわれはまだ卒業もしていなかったのである。あらゆる命が生きるに値する―― この理念は自明ではなかった。深い穴があったのだ。考えてもみてほしい。あらゆる命が生きるに値すると無意識に思ってきた人々でも、おおかたはあの青年への来たるべき死刑判決・執行はやむをえないと首肯するのではなかろうか。つまり「生きるに値する存在」と「生きるに値しない存在」の種別と選別を、間接的に受けいれ、究極的には後者の「抹殺」をみんなで黙過することになりはしないか。だとしたら......と、わたしは惑う。だとすれば、死刑という主体の「抹殺」をなんとなく黙過するひとびとと、「抹殺」をひとりで実行した彼との距離は、じつのところ、たがいの存在が見えないほどに遠いわけではないのではないか。少なくとも、われわれは地つづきの曠野にいま、たがいに見当識をなくして、ぼうっとたたずんでいると言えはしないか。


ナチズムは負けた。ニッポン軍国主義は滅びた。優勝劣敗の思想は消え失せた。天賦人権説はあまねく地球にひろがっている。だろうか? ひょっとしたらナチズムやニッポン軍国主義の「根」が、往時とすっかりよそおいをかえて、いま息を吹きかえしてはいないか。7月26日の朝まだきに流された赤い血は、決して昔日の残照でも幻視でもない。「一億総活躍社会」の一角から吹きでた現在の血である。それは近未来の、さらに大量の血を徴してはいないか。あの青年はいま、なにを考えているのだろうか。悪夢からさめて、ふるえているのだろうか。かれにはヒトゴロシをしたという実感的記憶があるだろうか、「除草」のような仕事を終えたとでも思っているだろうか。生きる術(すべ)さえない徹底的な弱者こそが、かえって、もっとも「生きるに値する存在」であるかもしれない―― そんな思念の光が、穴に落ちた彼の脳裡に一閃することはないのだろうか。(辺見庸「琉球新報」2016年8月11日

【山中人間話目次】
・【記事写真】辺見庸の「相模原・津久井やまゆり園事件」誰が誰をなぜ殺したのか(上)
・太田昌国さんの言う毎日新聞の鈴木琢磨記者像
・ニッポンのメディアはこの国をどこに誘おうとしているのか ――朝日新聞とNHKの「天皇」報道への危惧

【山中人間話】


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2028-b4db2d9d