キョウ からたに キョウ しいいいんちょう  
Blog「みずき」:辺見庸の8月8日の「天皇メッセージ」に関してのニッポンのスメラギ、内閣、政党、メディア、国民批判。結論として辺見はそれらのすべてを総称して「おまえらは最低のクズ、カス、クソッタレだぜ」と批判しています。私も同意します。以下の要約では外していますが、ここで辺見は「バカでやみくもに忠良なる汝臣民」を代表させて、かつて左翼知識人の代表と目されていた柄谷行人を登場させています。現代ニッポンの知的退廃を「象徴」する事象として登場させたのでしょう。この辺見の演出にも私は同意します。なお、天皇の「内在」発言については辺見は次のように書いています。「ポイントは「日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています」にあるのである。朕らはもはや象徴ではなひのだ」、と。辺見の批判は、象徴天皇制が実質的に「象徴」のない天皇制に変容しているいまのニッポンの事態を鋭く衝いています。

【〈かれらの血〉とわれらとの関係/無関係性とある種の怖気と戦き】
忠良ナル汝アホ臣民ニ告ク!(Blog「みずき」:8月8日の記に「共産党も天皇制を支持しておるぞ。バカマスコミは挙げて國軆の精髄と美質を宣伝しまくり、皇室をとことん賛美しておるぞ。(略)おまえらは最低のクズ、カス、クソッタレ」とあります)このたびのオキモチ発表は、たんなる偶然にせよ、相模原の障がい者殺傷とあい前後して生じた底昏い「事件」だとおもう。両者にはいかなる関係もないと言えば言えるけれども、殺傷事件の血煙ごしにオキモチを聞き、あるいはオキモチ発表の茫とした不気味さから重度障がい者の殺傷事件を想ってしまうのは、どうにもいたしかたのないことだ。象徴と言われようが天皇制は天皇制なのであり、〈かれらの血〉とわれらとの関係/無関係性をふりかえるとき、あるしゅの怖気と戦きをともなうのはなぜか。障がい者の施設はいつも〈かれら〉の居住区から遠ざけられた。昭和天皇が各地を「巡幸」したとき、ヒノマルをうちふる子どもたちの前列には、きまって「健康および体格優良」なる児童がたたされた。現在の天皇の旅でも、当局は事前に、精神障がい者や認知症患者らを外出させないよう沿道の地域に直接間接、工作しているといわれる。スメラギにまつわることどもの湿った「襞」には、不可解な精神がうめこまれ、それじたい、しずやかに狂(たぶ)る 波動である。このクニのゼノフォビア(xenophobia)は、おしなべて、こよなくスメラギを愛する。異様なほどに。スメラギはオキモチ発表にさいし、なぜそのことに言及しなかったのか。〈朝鮮人は死ね、朝鮮人は息するな〉――などと、だんじて言ってはならぬ、皇祖皇宗は半島よりきたやもしれないのだからと。

スメラギが「
いきいきとして社会に内在し」ているとは、どういうことか。みずから「内在」を言うとは、スメラギよ、とてもおかしい。スメラギさんよ、あなたは虚構なのだ。虚構にすぎないのだ。卑怯で卑小な、ずるがしこい権力者たちがこしらえた、哀れなフィクションなのだ。そのようなものとして仮構された〈存在〉兼〈非在〉なのだ。われらとおなじ、そして奇しくも、障害者殺傷事件の青年と同様の、霊長目・直鼻猿亜目・真猿亜目・狭鼻下目・ヒト上科・ヒト科・ヒト亜科・ヒト族・ヒト亜族・ヒト属・ヒトであるにもかかわらず、虚構たることを強要されたひとなのだ。であるなら、オキモチはやはり「お肝血」(Blog「みずき」:8月8日の記に「オキモチって、どう書くか知ってるか。「お肝血」である。戦火でうしなわれたおびただしい「お肝血」」とあります)であるべきであり、スメラギはいつの日かついに、ヒトとして解放されなければならない。したがって「お肝血」発表では、退位ではなく廃位の希望を、すなわち、天皇制廃止の意向を言うべきであった。逆であった。スメラギはスメラギになりきり、権力者の思惑どおり、虚構を現実ととりちがえていた。ヒトであるならば、極右大臣たちへの認証式を欠席すればよかったのだ。「お肝血」とはそういうことだ。さて、障害者殺傷事件の青年も、スメラギを敬愛していたのではないか。(辺見庸「日録」2016/08/10

【山中人間話目次】
・オバマ演説を無条件に評価する一文のある長崎市の「平和宣言」を私は評価できない
・志位氏の天皇の「『お気持ち』はよく理解できる」発言は、「心優しい天皇」「親しみのある皇室」イメージのまきちらしを「左」から支えるもの
・筑紫哲也さんの古巣の朝日新聞批判――朝日新聞の感度はここまで鈍っている
・山にはまれびとが棲むという伝承がある。山の日はそれぞれにひっそりとあった方がよい

【山中人間話】




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2020-9e6a4da2