キョウ たかえ3
22日、沖縄・高江

Blog「みずき」:沖縄のメディアが以下のように翁長知事を明確に批判した記事を見たのは私は初めてです。もちろん、部分的な批判記事はこれまでにもありました。しかし、これまでの大概の記事は、最後は翁長知事ヨイショで締めくくっていました。平安名純代記者の重要な問題提起だと思います。この平安名さんの問いかけが契機となって沖縄メディアといわゆるオール沖縄体制の「翁長タブー」に風穴が開くことを私は期待します。

【前提を再設定し直して交渉に挑む必要がある】
政府や政治家の本音を見極めたい時、言葉ではなく行動で判断すると分かりやすいことがある。名護市辺野古の新基地建設計画を巡る代執行訴訟で、日本政府と県が3月に
和解したのを受け、「円満解決」に向けた協議の過程で、政府が歩み寄るだろうとの期待が沖縄側にあった。しかし和解が成立した3月の時点で、すでに米側では、工事は最長で来年3月まで止まり、そして再開されると予想されていた。和解から約10日後の上院軍事委員会の公聴会では、米海兵隊のネラー総司令官が、来年3月までには工事再開の具体的日程が判明すると述べ、「われわれは沖縄県から代替施設建設の合意を得ようとしている日本政府を引き続き支援していく」と 証言した。あれから約4カ月の時が流れ、国は22日に県を再提訴した。しかし、米政府内には法廷闘争は来年の2月までには終わるとの見方がすでに浮上している。まるでそうしたシナリオが実際にあるかのごとく、事態はそのタイムラインに沿って進んでいる。来年1月には新大統領が誕生し、新たに掲げられた政策に沿って、2月には基本政策の見直しが終る。もしその時までに新基地建設計画を巡る裁判闘争が続いている場合、実現性に疑問符を伴う計画と判断される可能性がある。だから、その時までに難関をクリアしておきたいという考えなのだろう。海兵隊幹部らを取材していると、辺野古と高江でオスプレイの理想の訓練場が出来上がるとの期待を肌で感じる。翁長雄志知事は、政府が高江ヘリパッド工事を強行する前日21日に開かれた政府・沖縄県協議会で、同工事にまったく言及しなかった。抗議すべき相手が目の前にいるのに抗議しない、県民の思いすら伝えないのは、相手の意図を容認(黙認)していることに等しい。市民が強行排除される高江の今の状況を招いた責任の一端は翁長知事にもある。日米両政府には、新基地を諦める意志などない。従って、沖縄と話し合いで解決しようという意思もない。まずは前提を再設定し直して、交渉に挑む必要がある。(【平安名純代・想い風】 沖縄タイムス+プラス 2016年7月25日

【山中人間話目次】
・都知事選。鳥越氏3番手の原因
・都知事選の中盤、終盤情勢。鳥越氏3番手の原因(2)
・国の再提訴に関して、その中に仕組まれている国の悪巧みに関する仲宗根勇さん(元裁判官)の重要な指摘。
・警察関係者さえ「尋常じゃない」と言っている。準起訴手続によって「公務員職権濫用」の罪に問えるのではないか?
・沖縄県公安員会の与儀委員長らを任命した知事と任命に同意した県議会の責任も追及しなければならない。敵は身内にあり!
・沖縄のメディアの翁長知事とオール沖縄批判・田中龍作ジャーナル 「【沖縄・高江発】警察が反対派市民をひき逃げ」記事への反論
・田中龍作ジャーナル 【沖縄・高江発】 山城議長「これ以上機動隊の暴力に晒されたくない」記事への反論
・私はなぜ田中龍作を批判するか
・岩上安身氏の軽薄な鳥越俊太郎候補に対する「贔屓の引き倒し」記事の負の影響は到るところで出ています。
・黒岳・男池にあったクマさんの家のこと
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2004-621ded2e