キョウ こいけゆりこ2

Blog「みずき」:いろいろ肩書きはあるけれど、ひとことで言ってエンターテインメント評論家の川西玲子さん。小池百合子批判が見事です。さすがです。川西さんの予想によれば、「彼女はこの後、ここぞというところで泣くはずだ。必ず泣く。絶対に泣く。カレーパンを賭けてもいい」。しかし、川西さん。私はカレーパンは賭けません。負けると思うから。

【あんな自己陶酔感に寄った顔が都知事としてテレビに出てくるのは耐えられない】
川西玲子さん(エンターテインメント評論家)の
小池百合子批判(1) マスコミは参院選より面白い小池劇場に乗っている。夕方のニュースは出馬表明一色か。()すごいね、この人。初日から鉢巻き姿で。こういう凛々しさの演出や自己陶酔能力も、一つの才能かもしれん。ある意味、目が離せない。彼女に投票するのは、同世代の女性ではないだろうか。テレビ東京で地味にキャスターをしていた頃には、こんな野心家には見えなかったが、選挙に出たら、いきなり色っぽくなって驚いた。見られることで磨かれる、女子力の持ち主だったのだ。以後は化け続けである。辞任時のアイシャルリターン発言にせよ、先日の外国特派員協会におけるリンカーンの言葉の引用にせよ、何かもう凄いのよ。だが同性としてひここと言わせてもらうと、この年齢であまり凄みが出ると、極道っぽくなるから要注意だ。()何と、孤軍奮闘で天晴れ!というイメージで、小池百合子がトップを走っているらしいではないか。あんな自己陶酔感に寄った顔が、都知事としてテレビに出てくるのは耐えられない。彼女はこの後、ここぞというところで泣くはずだ。必ず泣く。絶対に泣く。カレーパンを賭けてもいい。防衛大臣を辞任した時のことを思い出してもらいたい。天性の女優なのだ。()過半数の有権者は小池百合子の思想傾向も知らないし、政策にも無関心。「か弱い女性が大組織を向こうに回し、孤軍奮闘している」としか見ていない。初日から鉢巻きをしているのも、テレビ映りを考えた作戦だ。鳥越陣営はこの点を侮った。(川西玲子facebook 2016年7月6日~19日

【山中人間話目次】
・川西玲子さんの見事な小池百合子批判
・宇都宮氏を支持していた人たちが小池百合子支持に遷移していく過程――香山リカさんのツイートを参考にして
・山頭火が風よけになって一晩中枕元に座っていてくれたという話
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2001-59babcaf