キョウ きょうさんとう
政策委員長辞任を表明し、記者会見場を後にする
共産党の藤野保史氏。右は、小池晃書記局長

Blog「みずき」:「今日の言葉」は「アリの一言」ブログ氏の問題提起に尽きます。今回の「事件」は、私は、共産党の引き返し不可能なまでの変質をもっともわかりやすい形で露わにした「事件」として捉えています。そのため掲載した写真も多少いじわるかもしれませんが同党の右傾化を率先して実践してきた小池晃書記局長のそういう意味での側面がわかるようなものにしました。こちらの記事もあわせてご参照いただければ幸いです。 

【藤野保史共産党政策委員長更迭問題】
日本共産党の藤野保史政策委員長が28日、NHK討論番組(26日)での発言を理由に更迭されました。これはその内容、経過ともに、きわめて重大な問題を残したと言わざるをえません。経過をたどってみましょう。「問題」の発端は、藤野氏が「26日のNHK番組で、2016年度予算で初めて5兆円を超えた防衛費に触れ『人を殺すための予算ではなく、人を支えて育てる予算を優先する』と言及した」(29日付中国新聞=共同配信)ことです。この発言に対し、安倍首相が「自衛隊に対する侮辱だ」と攻撃したほか、民進党の枝野幹事長も「関係者に不快感を与える発言」と反発しました。26日、藤野氏は番組放送のあと「コメント」を発表しました。「本日のNHK討論で、軍事費について、『人を殺すための予算』と発言しました。この発言は、安保法制=戦争法と一体に海外派兵用の武器・装備が拡大していることを念頭においたものでしたが、テレビでの発言そのものはそうした限定をつけずに述べており、不適切であり、取り消します」(27日付「しんぶん赤旗」)27日、共産党の志位和夫委員長は、「不適切だ。武器購入が念頭にあったようだが、限定していない。私からも注意した」と述べました(28日付中国新聞=共同配信)。そして28日、藤野氏は小池晃書記局長とともに会見し、政策委員長を辞任(事実上の更迭)したことを明らかにするとともに「おわびコメント」を発表しました。「この発言はわが党の方針と異なる誤った発言であり、結果として自衛隊のみなさんを傷つけるものとなってしまいました。深く反省し、国民のみなさんに心からおわび申し上げます。あわせて選挙をともにたたかっている野党共闘の関係者のみなさん、支持者と党員のみなさんに、多大なご迷惑をおかけしたことをおわびいたします」(29日付「しんぶん赤旗」)(略)

しかし、果たしてそれは共産党の方針と異なっているでしょうか。たとえば、先の衆院北海道5区補選(4月24日投票)で、自民党陣営から「(共産党は)自衛隊反対だなんていっている。いま自衛隊がどれだけ九州(災害救助)で活躍しているか」という攻撃がなされました。これに対し、共産党はこう反論しました。「自衛隊は、憲法9条が保持を禁じた『戦力』にあたるので、日本共産党は、将来的には9条の完全実施(自衛隊の解消)をめざしています。それは戦争のない、軍隊も必要のない世界という平和の理想につながるものです」(4月23日付「しんぶん赤旗」)この反論と、藤野氏の発言と、どこがどれだけ違うのでしょうか。自衛隊は、共産党も認めているように、憲法違反の戦力=軍隊です。軍隊の本質的使命は「人殺し」です。自衛隊員予算を含む軍事費を「人を殺すための予算」と言うことがどうして間違っているのでしょう。(略)

事が藤野氏の更迭だけで済むなら共産党内部の問題としてそれほど騒ぐ必要はないでしょう。しかしそうはいかないところに大きな問題があります。今回の経過によって、「国民」の中には、やっぱり「自衛隊」や「防衛予算」は悪いものではないんだ、批判すべきではないんだ、という印象が残ったのではないでしょうか。藤野氏が「おわびコメント」で「自衛隊を傷つけた」として「国民のみなさんに」謝り、「自衛隊」と「国民」を一体化させているのも問題です。これは「自衛隊・軍事費批判タブー」を助長するものです。これこそが最も問題であり、安倍・自民党の狙いもそこにあることは明白です。臆することなく、「タブー」を打ち破って、声を大にして言わねばなりません。「5兆円を超える軍事費=人殺しのための予算を削って、人を支え育てる福祉・教育予算へ」「憲法違反の自衛隊は解散し、災害救助のための専門組織を」(
アリの一言 2016年06月30日

【山中人間話目次】
小熊英二の論壇時評『21世紀型選挙へ 人との対話が「回路」ひらく』批判
「横浜事件」国賠第1審訴訟敗訴。しかし、闘いは続く。
「生長の家」の「第24回参議院議員選挙に向けて」という声明と私の声明
労働党内でのコービン落とし劇は元労働党党首(元首相)のブレアが背後で仕掛けている
常岡浩介さんのリベラルを標榜する月刊『創』編集長・篠田博之氏への怒りを私は支持する
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1981-3524ce50