キョウ あさひしんぶん2
ヴラディーミル・チェルトコフさん

朝日新聞の「(核の神話:25)内部被曝を認めぬ主張、今も福島で」という記事をジャーナリストの金平茂紀さんほか少なくない人たちが以下のような記事抜粋をつけてフェイスブックに投稿しています。
 
ヴラディーミル・チェルトコフさん→「ICRPやIAEAは『福島はチェルノブイリと違う』と言うことによって、低線量被曝の影響さえも消去しようとしているのだろう。いわゆる強い放射線による外部被曝の問題と違い、毎日毎日少しずつ摂取せざるをえない環境に置かれる問題は、チェルノブイリであれ福島であれ、いずれにしてもセシウムが体内に入って長く慢性的に摂取することによって細胞が傷つけられ、一種の臓器の崩壊現象が起こってくる。そういうことが、チェルノブイリでも福島でも起こりうる。違いをいくら強調したところで、低線量被曝の問題を否定することはできないだろう」
 
しかし、同記事については「甲状腺がんに関してはこの記事のスクショのくだりだけ理解していれば十分」という反論もあります。

そのスクショのくだりは以下のようなものです。

「甲状腺ガンについての議論は深く掘り下げる必要があるため、詳しくは別の機会として簡単な説明のみに留めますが、自覚症状に乏しく成長が遅い甲状腺ガンは、罹患していても一生気づかないまま過ごしてしまう人も多いガンです。そもそも、「発見されていないだけの潜在的な罹患者」が数多くいます。(韓国での事例がありますのでご参照下さい。韓国の新聞社、中央日報(중앙일보)日本語版の2014年3月21日付け社説)

そのため、潜在的な罹患者であったのか、放射線の影響により増加したのかの結論は、検査が三巡目まで終わらないと断言できないようになっています。仮に福島以外で調査を行ったとしても同様で、検査自体が最初からそのように設計されています。

ところが、「現在もまだ三巡目の検査まで完了しておらず、結果が出ていない」はずの甲状腺ガンについての報道の一部には、甲状腺ガン検査の基本設計をきちんと伝えないままに、「甲状腺ガンが新たに○○人!」「発見数が激増している!」「放射線の影響を否定できない!」などと、事実の断片のみを切り取り誤解を誘導するものが見られていませんでしたでしょうか。それは報道としてはあまりにも無責任で稚拙であると、私は感じています。」

また、以下のような物理学者のツイートもあります。

「福島で被曝による健康被害が増えると主張する人たちは、実際の被曝量は少ないというデータに反論できない。あの人たちはデータを無視して感情にだけ訴える。データを見なきゃ話にならないよ」 

そこで例としてあげられているデータは以下のようなものです。

・福島市のガラスバッジ
https://t.co/drict15THN
・福島市のホールボディカウンター
https://t.co/rKgphh0WPD
・相馬のガラスバッジ
https://t.co/7ooU4nW32c
・南相馬のガラスバッジ
https://t.co/PI0ZC6KnCr
・世界の高校生の被曝量調査論文
https://t.co/FHpbcwYluQ
・Babyscanの論文
https://t.co/USxlav1fWZ
・UNSCEAR 2013年報告書概要
https://t.co/WY4I8o2ues
・2015年の追加版
https://t.co/0f0AtKOS8Y
・福島の米の全袋検査(H27)
https://t.co/LhdS2n8Zqx
・コープふくしま陰膳調査
https://t.co/8Wdx8oeiAz

記事は低線量被曝の問題を「可能性」の問題として論じながらその口調は断定的です。こうした報道の姿勢は私は誤っていると思います。断定的に論じる以前に医師が「潜在的な罹患者であったのか、放射線の影響により増加したのかの結論は、検査が三巡目まで終わらないと断言できない」と言っているのですから、結果を待つ姿勢が大切でしょう。

繰り返しますが、医師でも科学者でもないジャーナリストがいまの段階で推測だけで断定的に断言する姿勢は当然科学的ではありえないし、私は誤っていると思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1904-0cbff0ff