キョウ ほっかいどうごく

昨日投開票があったばかりの衆院北海道5区補選の選挙分析に関する論評はまだ出揃っておらず、これからというところなのでしょうが、以下のツイッター上の情報がこの問題を考える上での基礎資料として参考になります。また、重要な視点も提起されています。ピックアップしてまとめておきます。

最後に今回の補選結果に関する小池晃共産党書記局長のツイッター発言も記録として採録しておきます。その小池発言に関する私の感想を先に述べておきますと以下のようなものです。

Blog「みずき」:小池晃共産党書記局長の発言はいつもの自陣営の活動を過大評価する視野の狭い主観的な手前味噌の選挙分析でしかありませんね。これでは「自公と補完勢力を少数派に追い込みたい」と主観的に意気込んでも願望の域を超えることはないでしょう。選挙前に天皇臨席の国会開会式に出席したことや「慰安婦」問題に関する「日韓『合意』」を徒に評価したことが今回の補選にもどれだけ負の影響を与えているか。少しは「科学的社会主義」の党らしく自陣営の弱点を含めて情勢を稠密に俯瞰した分析能力を発揮してもらいたいものです。そうしないと同党に未来はないことは確実です。少なくとも私はそう思っています。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1895-30e946ba