キョウ ぱなまぺーぱー

【メディアはパナマ文書の背後にある「闇」と「暗雲」をどこまで追及しうるか】
パナマ文書」は世界中を激震させている歴史的スクープだ。(日本では騒がれていないけど)この膨大な文書を分析し暴露したのは「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)という団体。ここのHPにVictims of Offshore (オフショアの犠牲者)という説明動画があって、この問題の重要性がよく分かる。(なお、オフショアとは、オンショア(海風)に対して陸から海の方へ吹く「陸風」のことで、転じてビジネスの拠点などを他国に移すことをいう)

まず、シリアの爆撃シーンが出てきて、「この3年、シリアでは爆撃で2万1千人の民間人が犠牲になった。この戦争犯罪は報道されたが、オフショア経済の裏の世界が果たした役割は知られていない・・・」と説明が始まる。2014年、英米を含むほとんどの国が、シリア空軍に燃料を提供している会社との取引を禁じたのだが、実はこうした会社が中米パナマの法律事務所「
モサック・フォンセカ」の顧客だった。(つまり制裁逃れができた)

また、顧客リストには、ロシアで孤児の女の子たちを誘拐し、レイプして売り飛ばしていた小児愛者も。さらに、ウガンダからは4億ドル(440億円)の財産隠しの顧客がいるが、これはウガンダ政府の年間厚生予算に匹敵する。ウガンダでは国民の3分の1が1日1ドル25セント以下で暮らす貧困層で、乳児死亡率は世界で最悪10国に入るというのに。

要するに「1100万以上のリークされたファイルにもとづいて、汚職、武器取引、脱税、詐欺、麻薬密輸を容易にするためにオフショア企業を利用する者たちを暴露する。この文書の背後には、ウラの取引の不正行為の見えない犠牲者がいる。」という。世界に多くの犠牲者を生み出している構造悪がここにあるというのだ。北朝鮮の核開発などにもつながってくる。ジャッキー・チェンやサッカーのメッシなど、有名人や金持ちが財産隠しをしていてけしからんというレベルの話ではない。

すでに、アイスランドでは首相の辞任に発展し、先進国では本格調査がはじまった。一方、ロシアや中国など独裁国家ではどこまで情報抑え込みが可能か。注目だ。とりあえず全体像は、《
世紀のリーク「パナマ文書」が暴く権力者の資産運用、そして犯罪~史上最大級のリー クと100を超えるメディアの調査報 道が生んだ世界規模のスキャンダル 》でおさえておく。(高世仁の「諸悪莫作」日記 2016-04-07

【山中人間話】

Victims of Offshore (オフショアの犠牲者)https://panamapapers.icij.org/上記動画の高世仁さんの解説。『国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)という団体。ここのHPに...

東本高志さんの投稿 2016年4月7日

世紀のリーク「パナマ文書」が暴く権力者の資産運用、そして犯罪http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/04/43-1_1.php『史上最大級のリークと100を超えるメディアの調査報道が生んだ世界規模のスキャンダル』

東本高志さんの投稿 2016年4月7日

「パナマ文書」騒動に火がついていった経緯がよくわかります。『この騒動の火付け役とも言える「南ドイツ新聞」(Süddeutsche Zeitung, 略称:SZ)が開設する” About the Panama Papers”という特設サイトによれば、昨年の8月に匿名の情報提供者がSZに接触にしてきたことがすべての発端だという。』

東本高志さんの投稿 2016年4月7日

『オバマ大統領は5日、多国籍企業による課税逃れに関する協議の中で、パナマ文書に言及した。この問題には、主要20カ国・地域(G20)が集まる国際的な会議で大きな注目が集まる公算が大きい。さらなるリポートと情報開示が続けば、法律や手続きの厳格化を求める市民の抗議が拡大する可能性があるほか、スキャンダルに関与した政治家や当局者の失脚につながるかもしれない。』(WSJ)

東本高志さんの投稿 2016年4月7日

金権腐敗にまつわる権力者習近平の周辺にただよう暗雲についてはタックスヘイブン問題とは少し違う角度から元TBS記者の田畑光永さんが切り込んでいます。...

東本高志さんの投稿 2016年4月7日
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1866-9f3c2b41