キョウ けいおう
慶應義塾図書館・旧館 

Blog「みずき」:本記事のサブタイトルを「『リベラル』のていたらく その2」としましたが「『リベラル』のていたらく その1」は前記事の東京新聞の「平和の俳句」欄で天皇を「平和主義者」として礼賛する俳人・金子兜太氏の例 。そして、「その2」は「リベラル」経済学者の金子勝氏のご登場ということになるわけです。そのていたらく度は以下をご参照ください。kojitakenさんの金子勝氏評価は揶揄まじりではあるものの正鵠を射ていると思います。リベラルの荒廃は目を被わんばかりのものがある、というのが私の評価でもあります。

【「リベラル」のていたらく その2】
金子勝氏のTwitterより。
 

それは違うよ、金子勝センセイ
。私にはすぐにピンときたが、幸い同様の方が複数おられたようだ。


中にはこんな皮肉も。
 

その通り。ちなみに朝日や毎日や東京(中日)ばかりではなく、読売も日経も西暦だ。放送局ではNHKが元号をデフォルトにしているが、民放は産経系列のフジテレビを含めてすべて西暦がデフォのはずだ。新聞の一番上にある年数表示は、今では「2016年(平成28年)」などと書いてあるが、かつては「昭和50年(1975年)」などと表記していた(略)。昭和時代から現行の表記法に変更したのは朝日や毎日くらいのものだったが(略)、その朝日や毎日にしても記事本文や見出しでは平気で1986年度の予算のことを「61年度予算」と表記していた。(略)読売は欄外の年数表記は西暦を主にする現在の表記に変更したものの、改元後もしばらく「5年度予算」などと表記していて、さすがに保守メディアはしぶといなあと思っていたが、次第に元号表記の面倒さに耐えられなくなったのか、次第に、というより多分ある時編集局が決断したのだろうが、西暦表記に切り替わった。

それより何より、怒れ! ネトウヨ諸君!!何にって、そらあんた決まってますがな、安倍晋三、もといアベさまにですよ。アベさまは、産経の定義によると「日本の最高責任者」らしいのに、平気で西暦使うもんね。もちろん予算の年度は「平成28年度予算」って言うけど、それはお役所の文書に関する話だからであって、そうでない国会論戦のやり取りなどでは平気で西暦使ってるぞ。一度注意して聞いてみなよ。「保守本流」の大平政権時代、1979年(昭和54年w)に大きな議論になった「元号法制化」ってなんだったんだろうね。もう元号なんか止めちゃえよと思う。次の改元だってそんなに先の話じゃないだろ。いつまでも元号使ってたらますますめんどくさくなるぞ。今やお役所の文書でも、たとえば特許(公開特許公報)の番号なんか西暦になってるぞ(略)。そんなわけで、実は金子勝センセイの方がアベさまよりも「右」なのではないかと思ってしまった今日この頃なのであった。(
kojitakenの日記 2016-04-03

【山中人間話】


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1856-f060faa9