キョウ へのこ2

Blog「みずき」:今回の辺野古代執行訴訟での「国と県の和解成立」についてリベラルの中からも「ひとまずよかった」「沖縄県まず白星」などの声が少なくなくあります。その声々に共通しているのは、下記の澤藤統一郎弁護士のパロディー中の指摘にもあるように法律の専門家から見て国の敗訴の可能性のきわめて大きい今回の訴訟の「和解案を当初から支持し」、そういう意味で敗訴必至の安倍政権に助け船を出したというほかない翁長知事の「和解案受諾」の責任をまったく不問に附していることです。こういう事態を「ひとまずよかった」などとはとうてい言えないし、辺野古に基地をつくらせない運動の展望を遠ざけるだけだろうと私は思います。

【負けそうな判決を避けて、あとで反撃に転じる】
「和解を受諾せざるをえない」と言われたときには、私も驚いた。でも、指定代理人になっている専門家が、「判決をもらえば敗訴の公算が高い」と言うんだから、仕方がない。「
補充性」というらしいが、他にとりうる手段がないときに限り、代執行訴訟が可能なんだそうだ。その補充性の立証が難しいということのようだ。この訴訟提起の前に、国交大臣の執行停止命令があって、知事の埋立承認取り消しへの対処はできている。現実に工事は続行できているのだから、補充性の要件に欠けるというややこしいことらしい。専門家なら、初めからそんなことくらい分かっていたはずだと思うんだがしょうがない。敗訴のみっともなさよりは、作り笑いで和解に応じた方が、浅い傷で済む。でも、和解の内容を説明されると、なるほど一方的な譲歩という話しだけでもなさそうだ。負けそうな判決を避けて、あとで反撃に転じることも可能なのだから、これも悪知恵のうちかも知れない。

和解は次のような骨子だ。

▽国は代執行訴訟を取り下げる。沖縄県知事は、国地方係争処理委員会に申し出た審査請求が却下されたことを不服として起こした訴訟を取り下げる。
▽防衛省沖縄防衛局長は、沖縄県知事による埋め立て承認取り消しに関する国土交通相への審査請求と執行停止申し立てを取り下げ、埋め立て工事を直ちに中止する。
▽国は知事に対し、埋め立て承認取り消しについて地方自治法に基づき是正を指示する。知事は不服があれば、指示があった日から1週間以内に国地方係争処理委員会へ審査を申し出る。
▽委員会が是正指示を違法でないと判断し知事に不服がある場合や、違法と判断し国が勧告に応じた措置をとらない場合、知事は是正指示の取り消し訴訟を提起する。
▽国と知事は、是正指示の取り消し訴訟の判決が確定するまで、普天間飛行場の返還と辺野古の埋め立てについて円満解決に向けた協議を行う。確定した判決に従い、互いに協力して誠実に対応することを確約する。

けっして、協議を先行する内容ではない。協議の進展に関わりなくいつでも「埋め立て承認取り消しの是正指示」ができることがミソなのだ。結局は、現在3本ある裁判を、是正指示取消の裁判に一本化して、これで決着をつけようということなんだ。その裁判での決着がつくまでの間に、「普天間飛行場の返還と辺野古の埋め立てについて円満解決に向けた協議を行う」ことになる。この問題で、国が方針を変更することはあり得ないのだから、円満解決のためには沖縄県が譲るしかない。明日にでも是正の指示を出すことができるわけだが、ここは駆け引きだ。いつ出すのが得策かよく考えてみよう。指示が遅れれば、裁判での解決も遅れ、それまで埋立工事がストップするのは面白くないが、ここは選挙対策の意味もある。寛大なアベの顔を見せることも無駄ではない。(略)ゴリ押しの印象は選挙によくない。沖縄県議選が5月27日告示、6月5日投票日に決まっている。直後に、参院選も控えている。それまでは、マイルドにいかなくちゃならない。

敗訴のリスクはどうしても避けなくてはならない。辺野古の工事は、機動隊に守られて続行というイメージが定着して甚だよろしくない。だから、一旦停止だ。リセットだ。再度の強行は、選挙のあとにしよう。もちろん、すんなりと方針が決まったわけじゃない。断乎として埋立工事は続行したいところだ。そのために起こした裁判を取り下げて工事も中止じゃあ、国としての面子が立たない。案外弱いんだなと侮られることも避けたい。工事を阻止しようと現地に集まる人たちに、バンザイなんて言わせたくはない。でも、敗訴判決をもらうことを思い比べれば、我慢ができるし、我慢をしなければならない。じっと耐えて選挙が終わったら、そのときこそが、本格的なアベ晋三の底力。遠慮のないゴリ押しを始めよう。そして今度は、途中で「敗訴の可能性が高い」などということのない訴訟の準備を指示しなくちゃ。(
澤藤統一郎の憲法日記 2016年3月4日

【県知事は安倍官邸に騙されてはいけない】
今日3月4日の NHKの12時昼のニュースであべ総理が暫定案を受け入れるとの報道がなされた。しかし、県知事は安倍官邸に騙されてはいけない。これは参議院選のための安倍一派の時間稼ぎと協議中に出される確認裁判の判決についてこの和解合意による執行力を県に受け入れさせ、最終的に工事を可能にする魂胆が隠されており、したがって、この和解成立によって、国の工事強行の意思はなんら変わらない。沖縄県は目先の工事停止に目がくらんで唯々諾々と和解してはいけない。この和解によっては工事停止は一時的なもので終わることが明白である。県は「工事停止しながらの修正条件なしの無期限協議続行」を和解内容とする和解協議を続けるべきである。現在裁判所から出されている和解条件は官邸の政治的謀略が隠されている。断じて暫定案での和解を成立させてはいけない。安倍一派の悪辣さを甘く見てはいけない。(
仲宗根勇フェイスブック 2016年3月4日

【政府が和解を受け入れたのは参院選と沖縄県議選のため】
米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る政府と沖縄県の和解は、とりあえず最終決着を先延ばししたにすぎない。和解成立は政府と県の当面の政治的な思惑が一致したためで、移設をめぐる根本的な対立が解決する見通しは立っていない。政府が和解を受け入れたのは、夏の参院選と6月の沖縄県議選を控え、世論をにらんで、対立を回避する姿勢をみせる必要があると判断したためとみられる。一方、沖縄県は工事中止を盛り込んだ和解案を当初から支持していた。福岡高裁那覇支部が示した勧告案は、「沖縄対日本政府という対立構図になっている」と指摘した。政府と県が泥仕合を繰り広げ、解決策が見通せない状況は双方にとってプラスにならない。安倍晋三首相は受け入れ理由について、「延々と訴訟合戦を繰り広げ、こう着状態となる」と説明した。首相主導での譲歩を演出することで、実行力をアピールすることも狙ったとみられる。和解で国は工事を中止し、双方は話し合いのテーブルに着く。しかし、政府も県も移設を巡る従来の主張を変えたわけではなく、今後、歩み寄るという見通しもない。結局は、国は知事の埋め立て承認取り消しについて地方自治法に基づく是正指示を出し、それを契機に再び訴訟となる。移設問題の根本にあるのは安全保障を巡る国と地方の関係だ。今回の和解が普天間問題の解決にそのままつながるわけではない。(
野口武則記者「毎日新聞」 2016年3月4日

【山中人間話】

仲宗根さん、さすがです。沖縄県、心して聞いて!

Posted by 宮城 康博 on 2016年3月4日

安倍極右全体主義政権の崩壊の第一歩・・・としなければなりませんね。沖縄民衆の闘いに心を寄せ、さらに「奴らを通すな」とファシスト追撃をしなければ。無論、安倍の背後にいる官僚のマヌーバでしょうから不断に警戒しながら。『政府は4日、米軍普天...

Posted by 内海 信彦 on 2016年3月3日
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1812-ca66e823