キョウ いわくにかく
1961年に撮影された米軍岩国基地
【誤りを犯したことを批判されないようにするために隠している】
核兵器事故や核の配備について、米政府は基本的に「肯定も否定もしない」政策をとっている。その解明には、公文書の公開や当事者の証言が欠かせない。1970年代、山口・岩国沖の米艦船に核兵器が積まれていたと告発した元米国防総省職員のダニエル・エルズバーグ博士(84)に、事実を明らかにする意義などについて聞いた。同省で核戦略の立案に関わり、後に平和運動に転じたエルズバーグ氏は78年、「岩国の米軍基地に60年代まで核兵器があった」と証言した。岩国沖に停泊する米軍の揚陸艦に核兵器が積まれていたことを明らかにしたもので、「核の持ち込みはない」との姿勢だった日本政府に衝撃が走った。この証言は、当時の駐日大使によって後に裏付けられた。エルズバーグ氏は71年、米政府が情報を隠したままベトナム戦争を始めたことなどが記された「ペンタゴン・ペーパーズ」を米紙に流して暴露したことで知られる。米カリフォルニア州バークリー郊外の自宅でエルズバーグ氏は取材に応じた。
――「岩国の核」を公表した理由は。

国防総省にいた時から、国防長官に撤去すべきだと進言していた。だが、受け入れられなかった。状況は考えられていた以上に危険だった。それは一般の人々に知られるべきことだ。岩国基地に核兵器があったことを日本政府関係者も知っていた。

――なぜ機密は公開されるべきなのでしょうか。

軍事作戦に機密はつきものだが、戦争が終わっても多くは解除されない。市民を守るためでなく、政府の役人を守るためだ。誤りを犯したことを批判されないようにするために隠している。その人物が(政府内に)いる限り、機密扱いが続く。戦争が終わったらすぐに、あるいは数年で公開されるべきだ。

――大量の核兵器は必要だったのでしょうか。

(私が担当した)空軍は、核兵器を大量に保有する合理的な理由も戦略的な理由もなかった。ただ、仕事が必要だっただけだ。操縦士、整備兵や管理職など、スタッフの仕事だ。
それと、兵器を作る会社の利益。米国の安全保障とは何の関係もなかった。逆に、大量の核兵器は米国に危険をもたらすことになった。

――ペンタゴン・ペーパーズを公表した意図は。
戦争を終わらせるためだった。国家、合衆国への忠誠はある。だが、人類への忠誠もある。(内部告発するときは)国家の利益と人類の利益の間で揺れた。最後は、憲法や、だまされてきた市民や議会を助けることを選んだ。(聞き手・岡田玄)(
朝日新聞 2016年2月21日

【山中人間話】
 

集団的自衛権行使を含み、今年三月施行される安全保障関連法を初めて全面的に反映させる自衛隊最高レベルの作戦計画策定に当たり、防衛省内で制服組自衛官を中心とする統合幕僚監部が、背広組防衛官僚が中心の内部部局(内局)に権限の大幅移譲を要求していることが、複数の防衛省・自衛隊関係者の証言で分かった。内局は拒否、調整が続いている。

Posted by 酒井 克明 on 2016年2月21日

 2015年にこれを書きましたが、今年は制服が大幅な権限移譲を背広文官に迫ったと聞き、やはり2・26を意図的に誇示していますね。これは国防軍をめざす自衛隊中枢の恫喝でしょう。もう一度書きますが、226事件79周年を前に、自衛隊中枢による防衛省占拠が始まったようです。これも安倍改憲クーデタの一環ですね。シビリアンコントロールの虚構が崩壊して、国家と社会のミリタリーコントロールが始まりました。

Posted by 内海 信彦  on 2016年2月21日
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1798-f3d89567