キョウ もりかわ
木村まきさん(元被告遺族、左)と森川文人弁護士

【現在の裁判所に自らの罪に向き合う自浄能力があるか】
3月3日、東京地裁にて、
横浜事件国賠訴訟が結審となります。現在、最終準備書面作成中。本事件の弁護団は河村健夫、山本志都、吉田伸広らの構成ですが、私は、弁護団長ということなので、「はじめに」と「おわりに」を執筆担当。(略)

「裁判所に検証という言葉はない」と指摘されて久しい。検証とは、過去の誤りを直視し、誤りの原因とそれによって発生した被害実態などを詳しく調査し、再発防止のために必要な施策などをこの検証のなかから導き出すという作業である。裁判所は裁かれない、ということである。本件訴訟は、この裁判所の検証を行う、まさに絶好の機会である。この機会を逸すれば、それは司法の責任放棄であり、戦前の裁判所となんら異ならないということである。

1945年9月15日、当時の裁判所も正しい事実認定に基づき判決を下す義務があったにもかかわらず、それを怠った。拷問による自白という事実に向き合おうとしなかった。その上、将来の責任追及を免れようとして法を犯して裁判所の存在意義ともいえる判決及び訴訟記録を闇に葬った。「地獄への道は善意に敷き詰められている」というが、この裁判所の行為は到底、「善意」ということすらできない。
治安維持法体制下において自らの「罪」を知りながら粛々と体制のために協力してきたが故に、敗戦後、あわてて自らの罪の証拠を隠滅しようとした裁判所の「地獄への道」は必ず裁かれなければならない。自ら、つまり裁判所自身が裁くべきである。

本件に時の経過による免責を認めることは「検証」の機会を放棄することである。被告国は、本訴訟に及んでも、戦前の拷問の事実も、国家的な証拠隠滅の事実も認めない。今、再び、新たな戦前化に向けて集団的自衛権の行使容認法、戒厳令に等しい緊急事態条項新設のための改憲が目論まれるだけでなく、すでに施行されている特定秘密保護法に加え、盗聴拡大・司法取引・証人隠蔽・取り調べの録音などの捜査権拡大などの監視国家化を「再び」目指す治安体制の強化が狙われている。先の「検証」抜きには、新たな治安維持法体制が再び構築が繰り返されないとの保証はない。新たな治安立法が成立すれば、裁判所は再び、その法に従い、法を当てはめ、治安当局と一体になって人々を弾圧するだけではないのか。そうしないという保証はあるのか。自らの罪に向き合う自浄能力があるのか。私たちは現在の裁判所に自らの「罪」を自ら裁くことを求める

裁判所を裁くのは、誰でしょうか。歴史でしょうか。私たちで裁きましょう!(森川文人のブログ 2016-02-20

【参考:第一回裁判傍聴記】
「“この聖戦下に、よくもやりやがったな。小林多喜二の二の舞を覚悟しろ”と口々に叫びながら、土間に座らせた半裸の木村亨に対して、特高は、竹刀、木刀、椅子のカケラ、荒縄などで襲いかかりました」。2月21日、横浜事件・国賠訴訟の第1回口頭弁論で、妻の木村まきさんが証言台に立った。「木村は虚偽の自白に追い込まれ、その痛みと屈辱は生涯消えたことはなかったと思います」。戦時下の言論弾圧事件・横浜事件の再審裁判は、2008年最高裁で免訴が確定し刑事補償も終わった。しかし、謝罪も名誉回復もない「免訴」という決着に納得がいかない2人の元被告遺族が、国家賠償請求という形で今回訴訟を起こした。

提訴したのは、元被告遺族の平館道子さんと木村まきさんで、請求額は一人あたり6900万円。その根拠は、逮捕された1943年から2012年までの69年間に対するもので、1年あたり100万円とした。 第一回裁判は、東京地裁民事30部・菅野雅之裁判長のもと、21日午前10時15分から始まった。傍聴人は全部で20人くらいだったが、報道席7席は埋まり、マスコミの関心の高さを窺わせた。

この日は、原告の平館道子さん(代理人弁護士が代読・5分)と木村まきさんの意見陳述(15分)があった。まきさんはこれまでの長い再審裁判でも口頭で陳述したのは初めてとのこと。弁護団席ではなく中央の証言台で、裁判長に正面から語りかけた。「夫であり横浜事件元被告の心と身体に触れてほしい」と訴える言葉から始まり、拷問の実態と苦しみ、裁判資料の隠滅、そして裁判の長期化をはかった司法の責任、名誉回復の必要性など、説得力のある言葉で語った。

その後、司法記者クラブで記者会見。森川文人弁護士は、国から出されている答弁書に触れ、「国は事件の具体的内容に踏み込まず、門前払いにしようという意図が感じられる」と述べた。原告側としては、裁判所の「戦争加担」「証拠隠滅」「免訴の無責任性」などを今後法廷の場で明らかにし、「司法の責任」を徹底して追及する方針だ。(
たたかうユニオンへ! 2013/2/23
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1795-383a8cf7