キョウ あかはた
しんぶん赤旗(2016年1月28日)
 

【「慰安婦問題」に関する志位談話の撤回は不可欠である】
来日中の韓国の元「従軍慰安婦」が昨日、日本共産党の2人の国会議員と懇談した。その模様が今朝の『しんぶん赤旗』の1面の記事で伝えられている。(略)その中で笠井亮衆議院議員が次のように発言したことが紹介されている。(略)「被害者や支援者らの粘り強いたたかいが今回の合意で安倍政権に『おわび』と『反省』を言わせた」こういう発言を読むと、笠井氏なり日本共産党なりは、今でも安倍首相が「お詫び」と「反省」を表明したこと(させたこと)を成果と認識していると受け取れる。

私も、さまざまなバッシングを受けながらも、自らの人間としての尊厳をかけて、日本政府に公式の謝罪と法的賠償を求めるたたかいを20年以上にわたって続けてきた元「慰安婦」と内外の支援団体の労苦に敬意を表することに何ら異論はない。しかし、その粘り強い運動に敬意を表することと、今回の日韓合意にあたって、安倍首相が表明した「おわび」と「反省」をどう評価するかはまったく別問題である
笠井氏の発言を見ると、同氏あるいは日本共産党は、慰安所設置に「軍が関与」したこと、その上で日本政府として謝罪したことを問題の全面的解決に向けた「前進」と評価した昨年12月29日の志位委員長の談話を維持し、見直す意思がまったくないことを示している。(略)今回の日韓合意で終止符ではないと日本共産党がいうなら、「不可逆的解決」が既成事実化しないよう、直ちに国会で日韓「合意」のまやかしを質すべきところ、昨日(1月27日)、衆議院で代表質問に立った志位委員長は安保法制の廃止、立憲主義の回復、アベノミックスの3年間の検証、貧困と格差の問題の解決、緊急事態条項の危険性などについて安倍首相に質問したが、日韓合意、慰安婦問題については一言も言及しなかった。「不可逆的解決」が既成事実化しつつある中で開かれた今国会で、このような代表質問では、懇談した元「慰安婦」に対して2人の国会議員が「一層努力したい」、「問題解決に向けて力を尽くす」と語った約束はどこへいったのか?

志位氏が代表質問で取り上げた課題は確かに、どれも目下の日本にとって喫緊の問題である。しかし、残虐な人権、個人の尊厳の蹂躙を意味する「慰安婦」問題をいろいろな国内問題と秤にかけてよいのか? 安倍首相の理性、政治家としても品性の崩壊を雄弁に表す彼の歴史認識を質すことは「安倍政治を許さない」運動の一翼とするのにふさわしい問題のはずである。日本共産党が今回の日韓合意後も、正しい見地に立って「慰安婦問題」の解決に貢献する運動に取り組むには、合意を「前進」と評価した12月29日の志位談話を撤回することが不可欠である。あの談話の誤りに頬かむりしたまま、合意後に示された韓国の世論、元「慰安婦」の意思とつじつまを合わせようとするから、我田引水の強弁に陥るのである。(
醍醐聰のブログ 2016年1月28日

【ポスト「合意」の処世術に騙されてはならない】
おそらく2016年は、本当は前から
帝国の慰安婦』は大したことないと思っていた、と語り始める「知識人」が増えるであろう。『帝国の慰安婦』の欠陥を理解したからではなく(それは最初から歴然としている)、昨年12月に日韓「合意」が成立して朴裕河がその政治的役割を終えようとしているからである。論壇人としては、そろそろ『帝国の慰安婦』を切り離して脱出する準備をせねばなるまい。これから徹底的に『帝国の慰安婦』の問題点を批判されることになる朴裕河と心中するわけにはいかないからだ。さていかなる理屈が用いられるであろうか。いずれにしても2015年まで何を語っていたかが決定的に重要である。ポスト「合意」の処世術に騙されてはならない。(鄭栄桓ブログ 2016-01-27
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1761-51e0bdd0