キョウ こっかい

Blog「みずき」:札幌市の弁護士の猪野亨さんの共産党の国会開会式出席批判はこれまで紹介した論者の同党の「綱領」的立場から見た原則論的批判とは異なり、政局論的見地からの批判というべきものです。すなわち、猪野さんは、今回の同党の国会開会式出席は政権入りしたいためのパフォーマンスにしか見えない。これでは到底共産党支持も拡がらないだろうとみなします。共産党の国会開会式出席問題は政局論的見地から見ても評価できないというのが猪野さんの見方です。

【鈴木宗男氏に自民党候補を推すことの口実を与えたのは共産党です】
共産党が「国民連合政府」を提唱し、憲法を守るという一致点で政権を作り、戦争法制廃止を掲げました。この発想自体は、小選挙区制によって自民党が漁夫の利を得るような選挙結果のもとでは憲法を守るという勢力が一致して安部自民党に挑むことは当然のことです。(略)しかし、これに対して私が疑問に思うのは、共産党も公認の候補を擁立していますが、(略)「下げる用意」があるというだけで下げないのです。民主党から下げてくれと言ってくるのを待っているのでしょうか。それだったら、私は共産党のいう憲法を守るという一致点で政権を作るという言葉が眉唾にしか聞こえてきません。
民主党内にも、鈴木宗男氏のような保守派からは、共産党が加わるものには乗れないと再三再四、牽制されているわけです。共産党が露骨に関与した大阪市長選挙では、結果として保守票が維新候補に流れているわけですから、共産党の関与の仕方というのが極めて重要なわけですが、それをどのような教訓にしたというのでしょうか。この選挙戦を通じて、メディアへの取り上げられ方は大きかったし、それが党勢拡大につながったということなのでしょうか。そうであれば、党勢拡大のために大阪市長選挙を利用したということであって、維新の会に勝利することを最優先にしていなかったということになります。今回の北海道5区の補欠選挙でも同様であり、ギリギリまで引っ張ることによって最後は公認候補を下ろすことで注目度を上げようとする算段(打算)にしか見えません。本気で非自民(略)候補を当選させるのであれば、黙って公認候補を下げればよかったのです。鈴木宗男氏に自民党候補を推すことの口実を与えたのは共産党です。

このような状態で保守派を多数抱える民主党と選挙共闘と言ってみてもすぐに壁にぶつかることくらいわかりそうなものですが、敢えて今のような「野党共闘」などと言っているのは共産党の党利党略としか見えないわけです。従って、民主党の岡田代表の側から共産党に選挙協力を呼びかけることは、これ自体で選挙協力をぶち壊します。あくまで共産党側がそれぞれの選挙区の情勢、候補者を見つつ独自に判断し、候補を下げる、しかも自ら黙って下げることこそ重要な点です。ところが共産党のやっていることといったら、これまで主権在民に反するとして出席を拒否してきた天皇が「お言葉」を述べる国会の開会式に出席するというパフォーマンスです。(略)そういった主権在民としての精神に反する天皇の国会での「お言葉」は拒否するというところにこそ共産党の筋を通した独自の存在意義があったにもかかわらず、これでは逆に選挙協力以上に、政権入りしたいからではないかという目でしか見られないということを理解していないのでしょうか。(略)いずれにしても今の共産党の「野党共闘」論はあまりにも筋が悪すぎます。(
弁護士 猪野 亨のブログ 2016/01/10

Blog「みずき」:先に「歌会始」の選者が赤旗「歌壇」の選者に決まったことに対して警鐘を鳴らした歌人の内野光子さんは今度は保阪正康(作家)と半藤一利(同)の天皇美化発言をとりあげ、その「反動」的役割の本質を見取ることができず、保阪、半藤らを一貫した堅固不抜な平和主義者、民主主義者のようにいたずらに過剰評価してきたいわゆる民主勢力(端的に言えば共産党)の政治的、社会的、文学的な批評精神力の著しい劣化、すなわち、ものを見る目のなさについて警鐘を鳴らしています。内野さんの1月11日付けの論はこうした共産党の社会事象全般への批評精神力と認識力の劣化の積み重ねが今回の共産党の国会開会式出席につながっているという同党批判の延長にある論といってよいでしょう。


【政権の政治・経済政策の欠陥を厚く補完する役割を担う「天皇美化」の危険性】
八月一四日の夕方、私は、戦後七〇年の「
安倍談話」をテレビ中継で見ていた。ともかく冗長な「談話」というのが第一印象だった。(略)「安倍談話」との比較において注目されたのが、八月一五日全国戦没者追悼式での天皇の「おことば」であった。(略)東京新聞』(二〇一五年八月一六日)において、保阪正康は、天皇の「許される範囲内で示した、 昨今の政治情勢への危惧とも読みとれる」と語り、半藤一利は、こうした表現を加えたのは「集団的自衛権の行使容認や安保法案など、最近の動きに対する懸念があるのだろう。政治的発言が許されない象徴天皇という立場で、ぎりぎりの内容に踏み込んだメッセージではないか」と記す。(略)

日本国憲法の象徴天皇制のもとでの天皇の発言は、政治的機能を持たないが、その発言や振る舞いから天皇個人の信条や心情の一端を伺うことができる場合も多い。しかし、天皇が身を挺して発信する様々なメッセージが、その個人的な姿勢と思いとは関係なく、現実には、どのような役割を果たしているかにも着目しておく必要がある。今回の「おことば」には、「安倍談話」よりも一歩踏み込んで、国民の平和への願いと戦争犠牲者への気持ちを体現しているという見方は、間違いではないと思う。しかし、皇室の発言や振る舞いを忖度して、必要以上に美化したり、過大評価したりする
文献2、4、5リスクも考えておかねばならない。

護憲と人権を侵しかねない皇統維持、という矛盾をかかえる象徴天皇制において、皇族方の公務における発言や活動は、政治とはかかわらない形で定型化されてきた。しかし、たとえば、福祉や教育、環境、災害という分野での政策の混乱や予算の切り捨て、環境破壊や災害への対策のひずみに直面する現場に立ち、そこでの思いは、視察やお見舞いの姿勢、「おことば」や記者会見の場での発言、ときには短歌などに反映されることが多い。そのことが、国民との距離を縮め、共感や謝意を醸成し、政治・経済政策の欠陥を厚く補完し、国民の視点をそらす役割さえ担ってしまうことも少なくない(
文献3)。今回の「おことば」も、安倍政権の暴走への「歯止め」や「叱正」とも評価することの波及効果には危惧をも覚えるのである。「ご聖断」に心寄せることで、自らを慰撫するにとどまり、国民自らの意思表示や活動が鈍りはしないか、の懸念が残る。また逆に、政権寄りの「おことば」が利用されることも考えられる。旧憲法下の天皇の役割、とくに、昭和天皇の、戦時下では軍部に、占領期にはGHQに利用されたと標榜しながら、招いた結果である「負の遺産」の数々は、天皇も国民も担っていかなければならない覚悟も将来にわたって必要なのだと思う。( 内野光子のブログ 2016年1月11日
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1732-19da5fb6