キョウ りゅうさ2

【左翼が右翼にすりよることで両者の違いが見えなくなっている】
去年は戦後70年だったせいか、歴史・軍事問題について精力的な議論がされた年だったが、1945年以来、常に日本では戦争を美化する人間とそれに抗う人間のせめぎあいがあったと思う。(略)近年の日本では、左派系文化人が右傾化の一途を辿っており、対抗者として資格を失いつつあり、非常に深刻な状況にあると思われる。簡単に言えば、右翼も左翼も自国中心に物事を考える点では大差なく、そのため、自国の体制を揺るがす思想、例えば典型的な共産主義やイスラム原理主義においては驚くほど同じ反応を示し、反共・反イスラムに奔走し、結果的に西側の軍事行為を肯定する傾向がある。アラブの春やウクライナ内戦、シリア動乱、中国・北朝鮮に対する左右の見解はまさにそれで、面白いほど、どちらも同じ見解を述べ、結果的に米英仏の空爆や他国の体制転覆を支持している。
慰安婦問題に目を向けてみれば、右翼も左翼も日本政府の責任を徹底的に追及するよりも、安易な「和解」を望み、「対決」を避けようとする姿勢があり、状況次第では簡単に馴れ合い、反対者を糾弾しさえする。「右翼と左翼の境界線がなくなりつつある」という指摘は以前からされていることだが、それは右翼あるいは左翼というイデオロギーが消滅しているわけではなく、左翼が右翼にすりよることで、両者の違いが見えなくなっていることを意味するのだと思う。

例えば、先の慰安婦に訴えられた韓国人研究者、
パク・ユハ氏を日本の保守系学者と革新系学者が一緒になって応援している現象などはまさにそれだ。(略)この声明櫻井よし子藤岡信勝西岡力などの極右の言論人と一緒になって(Blog「みずき」:左の櫻井、藤岡、西岡は賛同者とは別)アメリカの教科書から慰安婦の強制連行に関する記述を削除させようとした大沼保昭、北朝鮮バッシングを精力的に行っている小此木政夫氏、李相哲氏、平井久志氏、アメリカのイラク戦争を開戦時から支持し続けてきた田中明彦氏などの保守系言論人、村山富一氏などのアジア女性基金の関係者も賛同者に混ざっている非常に政治的なものである。(略)

問題は、そのような政治的な声明の中に日本の代表的左翼が多く名を連ねていることで、特に
成田龍一氏や小森陽一氏などの極右の歴史改竄行為に対抗している中心人物がこうもあっさりと右翼とつるんで『帝国の慰安婦』を褒め称えるのには恐怖を感じる。(略)近年の日本の左派系論壇における見解は、民主主義至上主義で、非西洋型国家への常軌を逸する嫌悪と非難、否定にまみれており、その言動が結果的に西側諸国の他国への軍事・政治・経済干渉を支持していることに気づいていない。(時事解説「ディストピア」 2016-01-04
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1720-e6ce03eb