あるメール:
《自衛隊トップ、天皇認証要求/「国防軍」転換へ防衛省検討》(
2016年1月4日 しんぶん赤旗
「防衛省が自衛隊の最高幹部である統合幕僚長や陸上幕僚長の地位向上策として、任免にあたって天皇による認証が必要とされる『認証官』への格上げを検討していることが分かりました。集団的自衛権の行使容認や『国防軍』への転換などを見越して、制服組幹部を国家機構の中枢に位置づける狙いがあります。 本紙が情報公開請 求で入手した、現『防衛計画の大綱』策定時の防衛省内部文書(2013年5月、人事教育局)で明らかになりました。」

*これこそ、天皇の政治利用、いや悪用ではないか。

弊ブログの本日付けの「山中人間話」欄(左端フリーエリア欄)に以下の共産党ほかのツイットと私のコメントを掲載しています。ご参照ください。

Blog「みずき」:国会開会式に共産党が欠席してきたのは開会式の形式が憲法の主権在民の原則と精神にふさわしいものではないというのが最大の理由であったはずだ。そうであれば、「天皇の発言内容に憲法上の問題がなくなっている」としても、そのことをもって、開会式出席の理由とすることはできない。(大田英昭のブログ 2015-12-25 )。今回の「出席」決定はこれまでの同党の論理からいって も非論理というほかない。 Blog「みずき」:安倍政権によって戦後の憲法体制がズタズタにされつつある。開会式出席はそのズタズタに進んで手を貸す行為にほかならない。 Blog「みずき」:谷川俊太郎を民主主義の詩人のようにいうのは評価を誤っているというべきではないか。こちら を参照。

【山中人間話】


なんと天皇に頭を垂れた!! 臣下の礼!?「臣民的社会主義」党!?党内外の革命的左派の奮起を望む!!

Posted by 永原 純 on 2016年1月4日

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1718-8f5489a5