キョウ かえで

【「今日の言葉」の反語として】
Blog「みずき」:徳岡さん。「民主党や維新の党が共産党アレルギーとか言ってる場合じゃない」というのはそのとおりだと思いますが、この文脈は暗に「こういうヤバい状況なんですから共産党批判をしている場合じゃない」と言っているようにも読めます。だとすれば、その認識は違っているのではないか。いまの事態は「
『リベラル・左派』の最近のなし崩し的な右旋回の動きは安倍極右政権以上に日本国の民主主義を根底から腐蝕させつつある」。このままの事態が続けば「人々はアイソを尽かしてますます「革新」なるものを信用しなくなるだろう」。だから、この「深刻」な状況を打破するためにも、いま、革新批判こそが喫緊の課題というべきではないか、というのが私の現状認識です。
【民主党や維新の党が共産党アレルギーとか言ってる場合じゃない】
北海道新聞によると、同社が加盟している
日本世論調査会が2015年12月に行なった世論調査で、この夏の選挙後に参院で 与野党の勢力が伯仲する方がよいが54% 与党が過半数を維持する方がよいは30%3 野党が多数を占める方がよいは8%だったそうです。今が与党が多数なのに対して、与野党が伯仲するのがいいという人が過半数だから、野党がやや勝つかというと、そうではありません。そもそも今の小選挙区制では、与野党伯仲ということがほとんどあり得ません。 選挙区1つから議員が1人しか当選しないのですから、比較的多数の側が圧勝するようになっています。

ですから、与党が過半数を維持する方がいいが30%で、野党が多数を占める方がよいが8%では、また今度の参議院選挙でも与党圧勝が目に見えています。しかも、憲法改正に賛成する議員が衆参両院で3分の2以上を占めて改憲の発議が可能になるよう望む回答は57%で、これを望まないとする33%を大きく上回ったというのです。つまり、改憲がいつでもできる状態の方が望ましいというわけです。すなわち、与野党伯仲を望むといっても、その野党の中身はヤ党よりヨ党寄りの
ユ党と呼ばれる、憲法「改正」に賛成のおおさか維新の会などが支持される可能性が高いわけで、事態は深刻です。現に、この世論調査でのおおさか維新の支持率は公明党と並んで5%で、共産党などより高いのです。末尾にあるように、朝日新聞やあの産経新聞の世論調査でも憲法改正には賛成より反対の方が多いのが最近の世論調査ですから、国民投票になればなんとなく勝てるようなイメージもあります。しかし、選挙は別ということです。

ちなみに、参院選で自公が圧勝した後どう迫ってくるかというと、環境権の新設や緊急事態条項をエサに憲法改悪をしようとするでしょう。そこで、世間には、参院選与党有利の情報自体が安倍政権が流したネタという楽観論もあるのですが、
事態は元旦に書いたように深刻です。こういうヤバい状況なんですから、民主党や維新の党が共産党アレルギーとか言ってる場合じゃないんですけどね。もっと現実を直視して、市民連合の期待に応えてもらいたい。(徳岡宏一朗のブログ 2016年01月02日
 
【山中人間話】

・あなたたちはなにを勘違いしているのか? 早野透元朝日記者のいう「オーラ」は「らんらんぎらぎら」のあぶらぎった自民党的な「権力闘争の人」の謂いでしかない。

・ここでもあなたたちはなにを勘違いしているのか? あの国会前の群衆の集まりはけっして「市民革命的」と呼べるものではない
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1715-58360693