キョウ サクラ

【メディアも私たちも「言葉」を橋下に乗っ取られてしまった】
「彼が政治家になった7年半で、ずいぶん荒っぽい言葉が社会に蔓延するようになった。それまではネットの中にとどまっていた攻撃的で排他的、汚い言葉遣いで誰かを罵るような人が増えた。彼の悪影響は大きいと思います」彼とは、
橋下徹・前大阪市長。大阪のテレビ局で行政を取材してきたベテラン記者の感想である。
橋下氏が大阪府知事選に出馬してから現在に至るまでの、メディアとの関係を詳細に検証した本書を読んで、私がまず思ったのも、橋下行政最大の負の遺産はヘイトスピーチの隆盛だということだ。著者によれば、報道メディア、特にテレビ局は橋下氏をタレントとして育てたとの身内意識があるから、政治家転身の際に親身にサポートする姿勢が強かった。

だが、熱狂を呼び起こすその弁舌に異例なまでのスポットライトを浴びせ続けるうち、メディア自らが、敵を作って支持を集める橋下氏の手法の餌食になっていく。橋下氏に依存状態になったメディアは、どれほど侮蔑的で事実無根の罵倒を浴びせられても、それを批判して影響力圏を脱することはできなくなっていた。橋下氏が維新の党の公式文書を通じて、都構想に批判的な識者を出演させるなとテレビ局に圧力をかければ、その意向を汲んだ配慮をするありさまだった。橋下氏は、民主主義、言論の自由、公正中立といった「マスメディアが食いつき、賛同しないわけにはいかない言葉」で己を武装し、「メディアが機械的に唱えるうちに空洞化してしまったその言葉の意味を、自らに都合よくねじ曲げて声高に主張する」、と著者は分析する。

メディアは「『言葉』を橋下に乗っ取られてしまった」のだ。橋下氏をなぞるように暴力的な物言いをし、表現の自由だと主張する者たちも、それを黙ってやり過ごす私たちも、言葉を乗っ取られている。(
(書評)『誰が「橋下徹」をつくったか 大阪都構想とメディアの迷走』 松本創〈著〉:星野智幸(小説家)「朝日新聞」2015年12月20日

【今年ほど「戦争」という文字に向き合い、熟考させられた年はない】
今年ほど「戦争」という文字に向き合い、熟考させられた年はない。「戦争法案」を国会で強行可決した9月19日から3カ月。この19日、85歳で亡くなった
野坂昭如さんの告別式が行われた。『火垂るの墓』など、生涯「戦争をしてはならない」と言い続けてきた。また先月末93歳で亡くなった水木しげるさんは、『総員玉砕せよ!』などで、戦争への深い怒りを胸に、若い人々に戦争の悲惨さを伝えてきた。「9条の会」呼びかけ人の一人で、反戦運動に傾注してきた鶴見俊輔さんも同じく93歳、7月23日亡くなった。さて24日に閣議決定する97兆円という来年度予算、その中身の恐ろしさ。「軍事費」が史上初の5兆円を超す。オスプレイ12機・F35ステルス戦闘機の購入、イージス艦1隻の建造費など、安倍政権になって4年連続、前年から700億も増額する。米軍への思いやり予算は133億増やし9465億を計上。さらに新「日米軍事ガイドライン」に沿って、「同盟調整メカニズム」をフルに発揮するための自衛隊・米軍幹部が意思統一する「共同運用調整所」も、東京・横田基地内に設置されている。いっそのこと「防衛省」あらため、「戦争省」としたらどうか。「戦争しよう」の安倍政権の本音を、オモテに現したらよい。(Daily JCJ「今週の風考計」2015/12/20

【山中人間話】

Blog「みずき」:怒り心頭に発す。元記事はこちら
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1696-f9b40570