キョウ 韓国
コラムニストのキム・ギュハン氏、キム・チョル延世大学教授、小説家の
チャン・ジョンイル氏ら(左から)による「知識人声明」発表記者会見より
(2日、ソウル)

一昨日の12月9日に<日本軍「慰安婦」被害者たちの痛みに深く共感し「慰安婦」問題の正当な解決のために活動する研究者・活動家一同>の連名(韓国の研究者・活動家258名、国外(日本を含む)の研究者・活動家122名)で「『帝国の慰安婦』事態に対する立場」という声明が発表されました。私もこの声明の主旨に賛同するものです。しかし、この機会にひとこと述べておきたいことがあります。

今回の「380名の研究者・活動家声明」は同月2日付けで発表された「『帝国の慰安婦』事態に対する立場」声明の第二次版とみなされるものです。
第二次版声明の第一次版声明と異同があるのは以下の箇所です。
 
第二次版声明
「私たちは原則的には研究者の著作に対して法廷で刑事責任を問うという方式で断罪することは適切でないと考えます。しかし、今回の検察の起訴が『帝国の慰安婦』によって甚大な心の傷を受けた日本軍「慰安婦」被害者たちによってなされたという点を考慮する時、今この時点で今回の起訴について評価することには極めて慎重であらねばならないと考えます。私たちがもっと憂慮することは、この一連の事態が問題の本質から離れ、学問と表現の自由へと焦点を移しているという点です。」 

上記の箇所について第一次版声明では次のようになっていました。

第一次版声明
「私たちは原則的には研究者の著作に対して法廷で刑事責任を問うという方式で断罪することは適切でないと考えます。しかし、私たちは学問の自由と表現の自由という観点からのみ『帝国の慰安婦』に関する一連の事態にアプローチする態度については深く憂慮せざるをえません。」 

すなわち、第二次版では、「この一連の事態が問題の本質から離れ、学問と表現の自由へと焦点を移している」点が問題点として特に強調されています。この点が第一次版声明との大きな異同です。第二次版声明の認識は正しいと私も思います。

しかし、「この一連の事態が問題の本質から離れ、学問と表現の自由へと焦点を移している」点については、「『帝国の慰安婦』事態に対する立場」声明で批判されている韓国と日本、アメリカそれぞれから発出された知識人声明の認識不足の責にすべてを帰するわけにはいかない。今回の同声明の第二次版に賛同署名をしている一部の言論人の責任もまた大きなものがあるだろうというのが私の見方です。

「『帝国の慰安婦』事態に対する立場」声明では第一次版においても第二次版においても「原則的には研究者の著作に対して法廷で刑事責任を問うという方式で断罪することは適切でない」という認識も示されていますが、私は、同声明と同様の認識に基づく澤藤統一郎弁護士の見解を先に紹介しておきました。この問題について同弁護士は次のように述べていました。

「朴裕河の「帝国の慰安婦」の日本語版にはざっと目を通して、読後感は不愉快なものだった。(略)私は日本軍による戦時性暴力は徹底して糾弾されなければならないと思っている。被害者に寄り添う姿勢なく、どこの国にもあったことと一般化することによって、旧日本軍の責任を稀薄化することにも強く反対する。しかし、それでも見解を異にする言論を権力的に押さえつけてよいとは思わない。(略)表現の自由という重要な普遍的価値のためにだ。」

この澤藤弁護士の論は、言葉や表現方法は違うものの上記の「『帝国の慰安婦』事態に対する立場」声明と本質的な認識を同じくしているということができるでしょう。その澤藤弁護士の論を東京造形大学教授の前田朗さんは「澤藤弁護士のような人たちが、ヘイト・スピーチを容認・放置しているのです。(略)自分は被害を受けていないから、「放っておけ」と言えるのです」と一蹴しています。 

しかし、澤藤弁護士は朴裕河の「帝国の慰安婦」の論を「放っておけ」などとはもちろん言っていません。「見解を異にする言論を権力的に押さえつけてよいとは思わない」と言っているだけです。その言質は「『帝国の慰安婦』事態に対する立場」(380名の研究者・活動家声明)の「私たちは原則的には研究者の著作に対して法廷で刑事責任を問うという方式で断罪することは適切でないと考えます」という認識と同等、同質のものです。それを前田さんは一方の澤藤弁護士の論は批判し、「『帝国の慰安婦』事態に対する立場」声明には賛同する。その行為には明らかな論理矛盾があります。結局、前田さんは、「論理」ではなく好きか嫌いか、気に入るか気に入らないかの「感情論」でものごとを判断しているということにしかなりません。

では、前田さんの「感情論」とはなにか。気に入らない中身はなにか。前田さんの文章から読みとれることは、韓国の検察が「帝国の慰安婦」の著者の朴裕河を名誉毀損罪で起訴した。その起訴について「公権力が見解を異にする言論を権力的に押さえつけてよいとは思わない」という意見なり批判が気に入らないということでしょう。だから、前田さんのそのような意見については、相対的な反論として、公権力の言論への介入に対する学問の自由と表現の自由の重要性を再度強調せざるをえないということにもなります。「この一連の事態が問題の本質から離れ、学問と表現の自由へと焦点を移している」背景には、そうせざるをえない状況を「朴裕河起訴批判」の反批判者たちが決して論理的とはいえない「感情論」を乱造して自らつくり出しているということも大きいのだということを指摘しておかないわけにはいきません。

そのほかにも論点は多様にありますが、ここではその論点についていちいち論じることはしません。とりあえず上記の件のみ指摘しておきます。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1677-ee6673e1