キョウ 杉田
 考論 長谷部恭男×杉田敦

【「新9条論」は立憲デモクラシー体制の根幹を変質させることにならないか】
戦後の平和主義的な価値を大事に考える人々の一部には、現行憲法の文言が抽象的だからこそ、今回、集団的自衛権が行使可能にされてしまったという忸怩たる思いがあるようです。そこで、平和主義の理念を守るために憲法9条を改正すべきだという「
新9条論」も出ている。個別的自衛権は行使できるが、集団的自衛権は認められないなどと明示し、解釈の余地をなくすべきだと。まさに今の政権が言っている話ですね。
しかし、その安定性と継続性が安保法制の成立によって断たれ、9条は空文化し、死んでしまった。だから、新条項として蘇生させなくてはいけないと、「新9条論」者たちは主張しています。その法律家共同体の営みが、密室での合議で不透明だという不信感が、改憲論の背景にはある。安倍さんが以前唱えた「憲法を国民の手に取り戻す」、つまり憲法改正規定をゆるめて国民投票で民意を反映しやすくするのが民主主義だといった主張のベースにもあるし、「新9条論」にもそれがあるようです。

おそらく、宗教と並んで、法について解釈学が発達してきたことには理由があり、専門的な解釈の積み重ねによってしか運用できないようなものなのでしょう。しかし、それは一般的にはなかなか理解されない。解釈の余地がない、透明な秩序を作れるはずだと多くの人が思っている。憲法についても国民自身が参加する透明な手続きで、透明なものに作りかえられるし、その方が望ましい。国民の同意によって出来た憲法であれば、政府を縛る力が強まるはずだと。

たしかに、みんなで決めたことでもだめなものはだめ。これが立憲主義でしたね。民主主義と立憲主義の間の緊張関係を常に意識しておかないと、「新9条論」を主張する人たちの純粋で真摯な思いが、民主主義の名の下に、改憲そのものを自己目的化する現政権の動きを、裏側から支えてしまう可能性がありそうです。憲法を書き換えるくらいの勢いでないと、民主政治が活性化しない、という発想でしょうか。

しかし、今年、憲法を守ろうと、人びとは大いに盛り上がった。戦後日本は、9条で平和主義、25条で生存権の原理を掲げ、現実をそこに向かわせようと実践を積み重ねてきました。いま条文を実態に合わせようとすれば、現実を変える力はむしろ失われてしまうでしょう。不幸なテロ事件をきっかけに、フランスでは
緊急事態対応の憲法改正が取りざたされています。日本でもさっそく、呼応する議論が出てきていますが、立憲デモクラシー体制の根幹を変質させることにつながらないでしょうか。(「朝日新聞『考論 長谷部恭男×杉田敦)』 2015年11月29日」より杉田発言抜粋)

【山中人間話】

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1662-183b1705