キョウ けさ東京都心
27日朝 濃霧の東京都心

【有罪・無罪のようなものが「市民感覚」で判断されるべきものか】
東京高裁は、オウム元信者に対する控訴審で、一審の裁判員裁判の有罪判決に対し、逆転無罪判決を下しました。(略)元信者が起訴されたのは、都庁事件での殺人未遂と爆発物取締罰則違反のそれぞれの幇助の罪でしたが、劇薬であろうと、それだけで殺人の故意があるということにはなりません。高裁は、この点を慎重に判断したということなのでしょう。問題は、
朝日新聞毎日新聞がそれぞれ一審で担当した裁判員の声を大々的に報じていることです。(略)元裁判員は、自信を持った判決だったそうです。このような自信をどこから持てるのかが不思議ですが、裁判員制度のもっとも重大な問題点でもあります。
もともと裁判員をもてはやすマスコミは、これを「市民感覚」と表現して持ち上げてきました。(略)それがまたオウム事件というかつてのテロ事件に対する裁判ということで、「市民感覚」がどう裁くというように強調されてきたにも関わらず、その判断があっさりと否定されたものだから、マスコミが元裁判員の声ということで大きく取り上げたという構図です。有罪・無罪のようなものが「市民感覚」で判断されるべきものではないことは当然のことで、ましてやそれが有罪方向で働くのであれば弊害しかありません。(略)

もう1つ違和感があったのは被害者の声です。「(菊地元信徒は)長年逃亡生活を続けており、罪の意識は十分持っていたはずです。無罪の判決は、その事実を法廷という場でしっかりと立証できなかったということで、誠に残念なことだと思います」(
前掲朝日新聞)逃亡=有罪ではありません。痴漢えん罪でも問題にされることはありますが、「やっていないなら堂々と釈明したらよいではないか」と言われることもしばしばです。しかし、一度、疑いを掛けられたどうなりますか。極論すれば無罪を立証しなければならない立場に追いやられるわけです。堂々とすればいいなどということには絶対になりません。(略)逃亡=有罪という認識は問題です。もしかすると一審裁判員裁判でも、このような有罪推定が働いていたのかもしれません。オウム事件では(略)対象がオウムだからということで当時は、ほとんど批判的に報じられることがなかったのです。

そのような中で今回、無罪判決が出たということは、当時の捜査がどうだったのか、報道のあり方がどうだったのかが問われるべきでしょう。前掲朝日新聞が当時の警視庁幹部の言葉として、「幹部は「逮捕状を取った当時は、オウム信者を微罪でも捕まえろ、という世論の後押しがあった。年月を経て、慎重な司法判断が下されたのではないか」と報じていますが、批判的な検証こそ必要です。当時の東京は、同時テロに見舞われた
パリの状況を彷彿させます。(弁護士 猪野 亨のブログ 2015/11/28

【関連記事】
・元オウム信者菊池直子さんに東京高裁逆転無罪判決。一審の裁判員は刑事裁判の基礎がわかっていたのか?-
徳岡宏一朗のブログ 2015-11-28

・裁判とは? 裁判員制度の危うさ -
森川文人のブログ 2015-11-28

【山中人間話】


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1661-892cb279