キョウ 凍てつく夜 
大田英昭さん「凍てつく夜。」

【個としての人はつぶされ、いつのまにか消えていく】
いまは尋常ではない。戦争と暴力が生起している時代だ。世界は終わりなき炉心溶融のように、自己崩壊しつつあるのではないか、と
著者はいう。 世界の終わりを、意味が意味を失った「意味後世界」と名づけるならば、だれもいままで見たことのない「意味後世界」がはじまろうとしている、とも。日々平安と思っているうちに、例外的な事態はどんどん進行し、異様が異様と感じられなくなる。個としての人はその流れに巻きこまれ、つぶされ、いつのまにか消えていく。
「なにかとてつもない内的力にかられて」、著者は、本書を書いたという。なにか恐るべきことが、わが身に迫っているという予感が、「内的力」となって、噴きあがった。忘れてしまいたい歴史は、すでに墓のなかに隠されている。いまさら、その墓をあばくことには、ためらいもあったという。しかし、一度それをさらけだしてみたいという思いも、ずっと前からわだかまっていた。「いまといまの行く末を知る」ためにも、記憶の墓をあばかねばならない。何度も逡巡した末に、著者はそう決意する。その結果、できあがったのが、本書『1★9★3★7』である。しかし、なぜ1★9★3★7、つまり1937年なのだろうか。1937年は、日中戦争がはじまった年、著者によれば、イクミナ、征くみな、の年だ。その年、「父祖たちはおびただしい数のひとびとを、じつにさまざまなやり方で殺し、強姦し、略奪し、てっていてきに侮辱した」と、著者は書いている。

日本人はやさしい民族だとされ、そのことを自負してもいる。それがなぜ中国では、あのようなおぞましい蛮行に走ったのだろうか。同一人物のなかで、慈愛と獣性は共存しうるなどと、気取った言い方をしたところで、なにも意味をなさない、と著者はいう。それよりも、あのとき、あの場所に自分をおいてみること、そして「おい、おまえ、じぶんならばぜったいにやらなかったと言いきれるか」と問うてみること。それは過去にのみ向けられた問いにとどまらず、未来につながる問いとなるはずである。都合の悪いことは不問に付すというのが、この国の伝統だった、と著者はいう。1937年の風景もまた、日本人が忘れたがっている記憶のひとつといえるだろう。(略)

現在、その犠牲者数を確定するのは、ほぼ不可能になっている。とはいえ、たとえば、1937年12月17日から18日にかけ、日本軍が南京で一万余人の捕虜を大量射殺したという、元日本陸軍伍長の信頼できる証言が残されている。その死体の山は、高さ3、4メートルになったという。ほかにも虐殺に関する多くの証言がある。軍司令部からは、「捕虜は全員すみやかに処置すべし」との命令が出されていた。殺戮に疑問をもつ兵はいなかった。(
海神日和 2015-11-13

【「中台首脳会談」に関するメディアの報道姿勢について】
中台首脳会談の実現は、いわゆる「台湾有事」の危険性を遠ざけることを意味しているという点だけに着目しても、私たちにとっても極めて歓迎すべきことです。なぜならば、安保法制、すなわち戦争法を安倍政権が強行成立したいま、「台湾有事」となれば、米中軍事激突が不可避となり、日本は「集団的自衛権行使」としてアメリカに積極的に軍事協力することになるからです。それは取りも直さず日中再戦ということになります。ところが、日本国内ではこういう視点がまったく欠落しています。例えば、8日付の朝日新聞は、1面トップで中台首脳会談を取り上げたことは当然として、中台首脳会談の持つ意味について、「解説 台湾統一に警戒感も」(1面)、「中台、同床異夢の握手」(2面)、「台湾野党・学生ら反発」(9面)などの見出しに明らかなように、極めて消極的さらには否定的な受けとめ方を押し出す報道を行っています。これは、国民の対中感情が極めて悪いことを踏まえた報道姿勢であることは直ちに分かります。そこには、安保法制成立後の日中軍事関係の極めて危険な含意に対する問題意識がまったくありません。中台首脳会談の意義及び中国問題に対する私たちの認識を正すことは不可欠な作業だと思われます。(略)

中台首脳会談に対する台湾社会の受けとめ方に関しては、すでに冒頭で紹介した朝日新聞のような伝え方があります。私ももちろん関心があるので、台湾のメディアのWSを検索してみました。世論調査としては、11月9日付の台湾・聯合報の結果があります。それに依りますと、首脳会談の結果に対して満足と答えたものが37%、不満足と答えたものが34%でした。内訳では、40才-59才の中壮年では満足48%、不満足29%、40才以下の世代では不満足41%、満足29%、60才以上の世代では満足32%、不満足31%でした。また、国民党支持者は74%が満足、民進党支持者では不満足69%、満足13%で下。政党から中立の者では評価が分かれ、29%が満足、28%が不満足でした。ちなみにこの世論調査では、
蔡英文が総統選で勝利した場合に、習近平と会見するべきかどうかをも質問しています。67%が会見することに賛成、賛成しない者はわずかに9%でした。民進党支持者でも71%が賛成と答え、反対派わずか14%で下。国民党支持者の79%及び無党派の59%も賛成と答えました。

馬英九習近平の首脳会談に対する台湾世論の評価は、朝日新聞報道が与えるネガティヴな印象が事実に反することは以上の数字からはっきりと読み取ることができると思います。特に、馬英九に対する世論の支持率が10%前半で低迷していることを考え合わせれば、台湾世論が今回の首脳会談を総じて肯定的ないし中立的に受けとめていることは確かでしょう。(浅井基文のページ 2015.11.10


【山中人間話】

重要な記事です。放送不可…「朴正煕―岸信介の親書」〈姜聖律さんより〉朴正煕がA級戦犯である岸信介に日韓会談の進展のための助力を要請する親書を送った事実をつきとめたKBSの取材チームに、幹部が圧力をかけて放送を阻止した。  安倍晋...

Posted by 鄭玹汀 on 2015年11月13日

パリで銃撃や爆発、153人死亡 劇場やサッカー場などhttp://www.cnn.co.jp/world/35073496.html(CNN) CNN系列局のBFMTVによると、フランスのパリで13日夜、劇場など少なくとも6カ所で銃...

Posted by 鄭玹汀 on 2015年11月13日
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1633-83d55f66