以下、今日のNHKのニュース。許されざることです。
 

沖縄に政府が今振るってる暴力に対し、国民マジョリティがやめろ!と声を上げないというのは、かかる不正義・不公正・差別を是認していることに他ならない。みんな生活者であり、政治的社会的問題に声をあげる余裕などどこにもないのかもしれない。そうやって、私たちみんなは全体主義に加担し支える。

Posted by 宮城 康博 on 2015年10月31日



上記の報道について以下のような指摘があります。重要な指摘だと思います。沖縄県警の上部組織である沖縄県公安委員会の所轄権限を持つ翁長知事の迅速かつ果敢な判断を求めたいと思います。

他都道府県からの派遣は、当該県警の要請がなければ出来ないのではないでしょうか? 実態はともかく、タテマエ上は国家警察ではなく自治体警察なのです。越境権限はないはず。 その沖縄県警を「管理」するのは沖縄県公安委員会で、民間人で構成、それを「所轄」するのは沖縄県知事です. 同時に県警は警察庁から「指揮監督」されますが、「管理」の方が包括的権限とされます.国家公安委員会のページに,県公安委員会の権限について説明があり,その「2『管理』の形態」には次のように書いてあります。
http://www.npsc.go.jp/sasshin/suggestion/03.html

しかし、警察事務の執行が法令に違反し、あるいは国家公安委員会の定める大綱方針に則していない疑いが生じた場合には、その是正又は再発防止のため、具体的事態に応じ、個別的又は具体的に採るべき措置を指示することも、「管理」の本来の意味が上記のものである限り、なんら否定されないものというべきである。」

まさに、現在の沖縄・シュワブゲートの状況は、「警察事務の執行が法令に違反」し、「具体的事態に応じ、個別的又は具体的に採るべき措置を指示すること」が必要な段階にあると思います。これで動かない沖縄県公安委員会は、警察法39条と41条にしたがって、知事が更迭すべきではないでしょうか。

逆に、警視庁の機動隊導入など、この県警の違法行為のエスカレートを容認するようならなおさらです。

私のブログでの県警と県(自治体)の関係についての法律論議を一覧にしております。参照頂ければ有り難いです。

県警と県(自治体)の関係についての法律論議一覧
(ペガサス・ブログ版 2015-10-30 )
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1614-6913b919