FC2ブログ
ラン
ラン
【韓国・北朝鮮それぞれの「火種」と「有事」】
ほとんど報道されませんが、韓国では4月24日に27万人が参加してのゼネスト、7月15日にも5万人、そして11月14日にも第3次ゼネストが予定されています。ゼネスト=ゼネラルストライキとは、いわば社会を動かす労働者のほとんどがその仕事からストライキに入り、社会を停止させ、だれが社会を動かしているか資本と政府に見せつける、極めて平和的な運動=アプローチです。そのような運動が報道されないのは、それを真似されたくないからだと思います。99%と1%の対立を決定的に見せつける素晴らしい方法であるからこそ、大資本=マスコミは、報道しないのだと思います。分かりやすい話です。韓国=パククネ政権は、このような「火種」を抱えているが故に、あえて北朝鮮との「有事」を構え、また、同じく政権崩壊の危機に瀕する北朝鮮側も同様の「火種」があるため、「有事」に応えた、いわば「プロレス」としての有事だったという見方があります。一方で協議をだらだら行いながら、まさに水面下では潜水艦を50隻出動させるなんて「大技」を繰り出すあたり「演出」感たっぷりでした。内政の不安、つまり、99%側から突き上げられるという1%の危機の情勢を北朝鮮との有事という排外的ナショナリズムで乗りきろうというわけです。あまりにも、お決まりの構図ですが、「北朝鮮が攻めてくる」は、日本でもあっという間に「反戦キブン」を瓦解させ、祖国防衛に持って行かれる危険があるわけで、海の向こうで眺めていればいい話ではありません。ホルムズ海峡より、東アジアを。いや一部の人たちが言っているように、遠くに自衛隊が行ってたら、日本を守れないじゃないか、では、既に「祖国防衛」。よく考えてくださいね、無自覚「愛国者」の皆さんは。そうではなくて、戦争しようと構える自国の政府をそれぞれの国の人々が頑張ろうぜ、と国際的に連帯するのが平和主義というものだと思います。(
森川文人のブログ 2015-08-27

【山中人間話】


身の程知らずの講演や演説をすると具合が悪くなる。がたがたになる。なぜだか無性にさびしくなって、こころのバランスが崩れるのだ。でも今回はちょっと違う。きのうは大アナウンサーがよかったと言ってくれた。励ましに支えられて、すぐ元気になった。...

Posted by 永田 浩三 on 2015年8月27日

会社を守るだの、組織を守るだの、番組を守るだの、党を守るだの、教団を守るだのと称して、自分の意に従わない者や批判者、異分子を排除していく。あれらの「自己保身の固まり」や「自発的隷従者たち」の愚かな、かつ卑劣な動きを見よ。永田さんの主張にはとても説得力があるが、それは何もNHKだけの問題ではないことを再確認する。さて、と。どう動くか。

Posted by 金平 茂紀 on 2015年8月25日

<参考> なぜか最初の声明に元男組若頭の憂国我道会の山口祐二郎も賛同している。賛同を拒否すべきだ。http://blogs.yahoo.co.jp/hansutojitsu/55687239.html【声明文】 「私たちはなぜ安...

Posted by 永原 純 on 2015年8月27日


Blog「みずき」注:【山口祐二郎という人物について】山口の履歴は本人ツイッターのプロフィールによれば、「思想家、作家。全日本憂国者連合会議、憂国我道会、高橋組、元男組」。 また、ウィキペディアによれば、「高橋組」「男組」とは、「暴行・傷害などの犯罪を犯しながら「レイシストに合法的手段で『超圧力』をかけ続ける』という方針を取る」団体。野間易通はこの団体を「男組のような団体の暴力性が対抗運動には必要であるとし、運動により多くの暴力的団体が現れるべき」と評価しています。山口は準暴力団組織の元関東連合メンバーのブログに記事を寄稿した件で野間と対立し、男組からも「クビ」になるといういきさつも抱えています。一方、その山口を「クビ」にした野間はいま現に行われている鄭玹汀さんバッシング(誹謗中傷、罵倒)の中心人物です。山口はその野間からさえも批判されるような主張の持ち主であるということになります。永原純さんが山口の上記声明への「賛同を拒否すべきだ」としているのはそうした理由に基づくものだと思われます。私も永原さんの指摘を支持します。

メモある弁護士がシールズ系の高校生デモについて「史上初めて」と書いていたという。 ベトナム反戦では「反戦高協」という動きもあった。 私が高校生の時、1960年6月15日、東京の高校生1000名が抗議集会を開き、デモをしている。 各...

Posted by 永原 純 on 2015年8月27日

上野千鶴子さんに聞いてみた。

Posted by 米津 篤八 on 2015年8月27日

朝日の上丸洋一記者の渾身の連載。いまの状況と完全にリンクする。

Posted by 永田 浩三 on 2015年8月27日
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1495-00f2eb0c