ひまわり
ヒマワリ
【ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテの言葉】
先日、心にじんとくる言葉を聞いたので、紹介したい。困難に直面したり、足を踏み出すのを躊躇するときに読むと勇気付けられる。

我が身を捧げることを心に決めるまでは、ためらいが残る。
手をひく可能性もある。
効果はつねに薄い。
ものごとを始める行為すべてにあてはまる
基本的な真理がひとつある。
それを知らないと無数のひらめきや立派な計画をだめにする。
それは、人が真剣に取り組もうとはっきりと決めた瞬間
神の意志も働き出すということだ。
そうでなければ、とても起きるはずのない
様々なことが起きて助けてくれる。
決意から物事の大きな流れが生じ、
そのあるべき方向へと進んでいく。
我が身に生じるとは夢にも思わなかったような
あらゆる予期せぬ出来事・出会い・物質的援助が訪れる。
できそうな事、夢に描けることをとにかく始めるがいい。
大胆さの中に叡智と力と奇跡がある
いま、始まるのだ。
(ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ『ヴィルヘルム・マイスター』より)

これは、大阪で開かれた、京都のシュタイナー学校の15周年行事で読み上げられた詩。その記念講演に、カンボジアから森本喜久男さんが招かれたので、私も聞きにいったのだ。シュタイナー教育の評価は、いろいろあるが、ゼロから手作りで学校を開校した父兄の物語には感銘を受けた。「学校をつくる」なんて、はじめたときは多くの人が不可能だと言った。それが、苦闘する過程で、おりおりに、詩にある「予期せぬ出来事・出会い・物質的援助」が現れ、ついに夢を実現したのだ。ものごとを達成するということの不思議さ、である。(高世仁の「諸悪莫作」日記 2015年8月3日

8.25NHK包囲行動
政権べったりの報道をやめろ!怒りの声でNHKを包囲しよう!

日時:2015年8月25日(火) PM: 6:30~
場所: NHK放送センター(渋谷) 西門前

(放送センターの周囲、正面玄関側、西門側、東門側を包囲し、各箇所でリレートークとコール(随時)を行なう)
主催: NHK包囲行動実行委員会

NHKに言いたい
・政権に不都合なことを隠すな
・NHKは戦争法案に加担するな
・中国の脅威をあおるな
・国民の抗議の声を伝えよ
・国会審議をまともに放送せよ
・政治家と会食するな、癒着するな
・籾井会長はNHKを私物化するな
・権力を監視するメディアになれ!
・籾井会長はただちにやめろ!

追記:NHKは今日の13時から開かれた参議院安保特別委を中継しなかった。今日の同委員会は冒頭で、憲法解釈の「法的安定性は関係ない」という重大発言をした総理補佐官を参考人として招致するという異例の事態。多くの国民が質疑の成り行きに関心を持ったはずだし、そうした質疑の模様を中継することはNHKの重要な使命のはず。しかし、(略)「中継はしない。ニュースで詳しく伝える」との返答。詳しく?? 最近のNHKのニュースは、政権に不都合なニュースは伏せるか、録画の早送りのようにささっで終わり。急いで参院のインターネット中継を視た。冒頭で鴻池委員長:「あなたは安保法案を9月中旬には上げる、と言った。あなたは参院を衆院の下請けとでも思っているのか?」と詰問。磯崎氏の答弁はしどろもどろ。続いて、民主党の福山哲郎議員が野党を代表して約15分間、磯崎氏と質疑。「福山:あなたは最近、JOURNALISMという雑誌で、(集団的自衛権の)憲法解釈の変更を違憲と言っている人に会ったことはない、と書いているが、どういう事実に基づくのか? 自分と違う意見は無視するということか?」などと追求。ここでも磯崎氏の答弁は迷走。さて、今日のNHKニュース7やニュースウオッチ9は、こうした質疑をどのように伝えるか、しっかりチェックしたい。(醍醐聰のブログ 2015年8月3日

【山中人間話】
OLDs(オールズ)
以下は、浄土真宗の門徒の平井吉夫さんの8月1日のOLDsの巣鴨行動での創価学会の皆さんへの
訴えかけです。「 創価学会の皆さん、煩悩に迷って道を踏み外した公明党の政治家たちを、正しい信仰の道に、仏法の常道に、本来の創価学会の道に、どうか連れもどしてください。本来の創価学会の理念に、非戦と平和の理念に、仏教の理念に、公明党を立ちもどらせてください。
金平茂紀
まともな社説。日銀総裁まで盗聴されていたということは、トンデモ事態だけれど、同盟の盟主様には楯つかない現政権。これって独立国か? いけねえ、このFBもサーベイランス対象になっちまう。
カネヒラ4
<社説>米の日本盗聴 大使呼び付け弁明求めよ-
琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
ryukyushimpo.jp

Blog「みずき」:辺野古問題に関する上記2つのツイートの関連性はどういうものか?いまのところ私にはよく見えない。


金平茂紀
http://ryukyushimpo.jp/uploads/img55c02294416fc.pdf
ちょっとばかり驚いたが、これをアメリカ側の何らかのサインと受け止める材料があるか否かが重要。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1426-a61114e9