【山中人間話 鶴見俊輔の死】

シュンスケ無題
鶴見俊輔氏死去 万引き・退学 小学校卒でハーバード 
行動派知識人- withnews(ウィズニュース)
          
93歳で死去した鶴見俊輔さんは15歳で渡米。ハーバード大卒という経歴の
一方で、万引きをしたり、不登校になったり、破天荒な少年時代でした。
まぎれもなく「われ=われ」(小田実)の「われ」の
ひとりだった。鶴見俊輔の死を痛惜する


【今日の言葉】

【相互批判は民主主義の要】
シールズ「支持者」と自称する取り巻きが悪すぎる。

カルメン・マキ>さん@carmen__maki
私は若い人達のデモを潰そうなんて思ってない。成功して欲しいし、そうなったらほんとに凄い!って思ってる。でも、どこか違うんじゃないの、って言ってるんだ。自由そうでいて実はとても観念的な事に縛られていていろんな意味で差別も含まれていることにも気づいていない。

相変わらず差別主義者の野間某が、マキさんを「老害」と罵っている。

カルメン・マキ>さん@carmen__maki
3年前の反原発運動の時もそうだった。あの時みんなシングルイシューを掲げていたけど問題はひとつだけで収まるものじゃない。って事が実際解ってきて現在に至っている。原発も安保も差別も全ては繋がっている。簡単ではない。

3年前の「週刊金曜日」への私の批判。反原連の時から問題は変わっていない。

酒井克明
それは内部批判を封殺するために、かつての運動体がよく使った論理です。チェルノブイリ当時の運動が「戦略の違い」でしぼんだかどうかには異論がありますが、「それぞれの道を進んで、同時に撃つ」というのが正しい連帯の仕方でしょう。相互批判は民主主義の要です」。
酒井克明fb 2015年7月24日

【原則をないがしろにした「運動」もどきが横行している今だからこそ】
目的は手段を正当化し得ない。手段と目的は分かち難いものであり、一方は他方によって有機的に創り出されるものだからだ。
        *
指令に従うのみで方針について悩まない連中よりも、批判的な者たちの方が党に対しては忠誠なのだ。
        *
他を抑圧する精神は自由ではない。一枚岩は石のかけらをあつめ、最ももろい質の粘土で固めてできるのではない。それは生身の人間と強い精神をもって築かれるが、自由な結合というセメント抜きではどんなモルタルを用いてもそれを一つにまとめることはできない。
        *
自分を裏切る気はないし、不正直にもなれない。他の者が何を考え、どんなに私に逆らおうと、私は私の良心と知性が私に命じ駆りたてるのに従って実行するのみだ。
        *
歴史の意味を誰か知る?ただ生きるために権力を覆さねばならない被抑圧者のみ。最後の戦闘で完全な新しい世界を獲得するためにあらゆるものを失い、敗北を重ねてきてなお敗北せざるもののみ。

以上は、
ニム・ウェールズアリランの歌』の主人公である朝鮮人革命家、キム・サン(김산, 金山)の言葉から。原則をないがしろにした「運動」もどきが横行している今だからこそ、改めて噛みしめたいと思います。
米津 篤八fb 2015年7月24日

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1410-65632fe9