1981年のサーダート大統領の暗殺以後、30年もの長きにわたってホスニー・ムバーラクの長期独裁政権が敷かれてきたエジプトでいま7日前のムバーラクの辞任を求める暴動、デモに端を発した民衆革命が起きようとしています。軍の介入による民衆弾圧が懸念されていましたが、ムバーラク政権の屋台骨を支える同国軍は31日、「平和的な手段による表現の自由はすべての人々の権利だ。偉大なる民衆に対して武力を行使することはない」との声明を出し、デモの継続を容認する姿勢を明確にした(時事通信、2011年2月1日付)ことでエジプトの民衆革命の可能性は一段と高まりました。明日には100万人規模のデモと集会が行われるという情報もあります。

これまで30年間のムバーラク長期独裁政権の悪政はどういうものだったか、については下記のTUP通信に掲載されているエジプトの一青年の「エジプトからの手紙」をお読みください。米国民へ、また欧州諸国の国民へ、そして世界中の人々に向けて送られたエジプトの一青年のメッセージにはほんとうに心に打つものがあります。

今回のエジプトの民衆革命の意義と性質については下記の五十嵐仁さんのブログ記事の解説が参考になるように思います。

エジプトのムバラク大統領はすぐに退陣するべきだ(五十嵐仁の転成仁語 2011年1月30日付)

しかし、エジプトの民衆革命の可能性は死と隣り合わせです。報道によれば、これまですでに死者の数は100名を超えていると伝えられています。

こうした中でアムネスティ・インターナショナルが次のような緊急行動を呼びかけています。以下、転載です。

□■□ ━━━━━━━━━━━━ 2011.1.30 緊急号外号━━━━

アムネスティ・緊急号外 http://www.amnesty.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□

………………………………………………………………………………
エジプトのデモ参加者に拷問の危機
………………………………………………………………………………

失業問題や汚職、警察の人権侵害などを批判し、1月25日にエジプトで始まった抗議行動は全土に拡大し、ムバラク政権の退陣を迫っています。

1月28日時点のアムネスティの国際ニュースで死者の数は少なくとも14名でしたが、その後、一部の報道では死者の数は100名を超えているとも伝えられ、正確な状況は把握できていません。現在、アムネスティ国際事務局の中東チームは、現地の人権状況をできるかぎり正確に把握する活動を続けています。


□■□ アムネスティ国際ニュース ━━━━━━━━━━━━━

………………………………………………………………………………
エジプト:政府は治安部隊を抑制しなければならない
………………………………………………………………………………

エジプト全土で抗議行動が続く中、アムネスティ・インターナショナルはエジプト政府に対し、これ以上のデモ参加者の死を防ぐため、治安部隊を抑制すること求める。

◇こちらのニュースリリースの全文は下記サイトでご覧ください。
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=895&mm=1


□■□ 緊急行動(UA) ━━━━━━━━━━━━━━━━━  

………………………………………………………………………………
虐待の危機にさらされるエジプトのデモ参加者
………………………………………………………………………………
エジプトの内務大臣と検事総長に緊急に以下を要請してください。

※1月31日現在、インターネットはほとんど遮断されているため、ファックスで送信してください。
※UA全文はこちらからご覧下さい。
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3629&mm=1


■治安部隊を抑制するとともに、「法執行官行動規範」および「法執行官による武力および火器の使用に関する基本原則」にのっとり、過度もしくは不適切な武力を控え、必ずしも必要とされている場合や人命を守る場合を除き、発砲しない旨の明確な指令を出すことを当局に要請する。

■当局に対し、デモに参加する人びとの人権を尊重することを要請する。

■治安部隊がデモに参加した人びとに対して行った、殺害および虐待を調査することを要請する。

■拘束した人びとを釈放するか、もしくは国際的に認知された犯罪容疑で起訴し、公正な手続きに基づいた裁判にかけるよう要請する。


内務省
Habib Ibrahim El Adly
Ministry of Interior
25 El Sheikh Rihan Street
Bab al-Louk, Cairo, Egypt.
Fax: +20 22 796 0682
Email: moi@idsc.gov.eg
書き出し: Dear Minister


検事総長
Abd El-Megeed Mahmoud
Dar al-Qadha al-‘Ali
Ramses Street, Cairo, Egypt
Fax: +20 22 577 4716
書き出し: Dear Counsellor


(アピール例文)

Dear Minister,
I am writing to express my grave concern about human rights violations during continuing nationwide protests in your country.

I respectfully call on you to rein in their forces and issue clear instructions that they should not use excessive or disproportionate force or resort to the use of fire arms unless when strictly necessary and to protect human life, in line with the Code of Conduct for Law Enforcement Officials and the Basic Principles on the Use of Force and Firearms by Law Enforcement Officials.

I also urge you to uphold the human rights of demonstrators and investigate the killings and the abuses by the securityforces when policing demonstrations.

The last, but not the least, I would like to call on you to release or charge those detained with an internationally recognizably offence and try them in fair proceedings.

Respectfully yours,

社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
URL : http://www.amnesty.or.jp
email : stoptorture@amnesty.or.jp
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/14-9b5b4cb6