ツツジ

【戦後日本の恥部の役割を担っている沖縄】
なぜ、日本の政治家は、「普天間基地を閉鎖して、土地を返還してもらいたい」と言えないのか。(略)アメリカにへつらい、内通してまで首相を陥れる(引用者注:本文参照)ような輩こそ、文字通りの「売国官吏」だ。このような高官の行動にこそ、アメリカの外交と軍事行動に追随する情けない戦後日本の政治の状況が象徴されている。そうやって内通している「売国官吏」は、いったい誰のために、何のために仕事をしているのだろうか。主権国家の官吏としての意地や威信、誇りはどこにあるのか。政府高官はもちろん、今の政治家にはアメリカの基地を撤廃するなどという考えは一片もない。だから、先進国では例のない、事実上無期限の外国軍隊の駐留という屈辱が70年も続いている。

屈辱という観念すら喪失するほどに、日本の政治家は自立国家としての意地や威信を失ってきた。だから、戦後日本の恥部の役割を担っている沖縄に、さらに新しい基地を建設して、アメリカの信頼を保持したいといういじけた発想が生まれてくる。新たに基地を造り、そこに移っていただくのをお願いするという卑屈な外交が、戦後生まれの政治家の姿勢だ。アメリカ国防省から「良い子」と可愛がられるかもしれないが、内心では「日本の政治家は何でも言うことを聞く小心者」だと思われているだろう。アジア諸国から見た日本は、アメリカの小間使い。「集団的自衛権で世界の果てまでついていきます」と、わざわざアメリカに出向いて媚びを売った高村なんとかという政治家もいるが、アメリカが惹き起こした戦争を追いかけ、「世界のどこまでも」という涙ぐましい諂(へつら)いは、アメリカ人にとっても気持ちが悪いだろう。付いてくるなら歓迎するが、気高い精神をもった日本人が、何時から自立自尊の誇りを失った低級な民族になったのだろうか。それがアメリカの知性ある政治家の率直な感想だろう。(
盛田常夫「リベラル21」2015.05.02

【今日の山中人間話】
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1268-860c48b8