シャクナゲ2

【言論と報道の自由について】
・安倍首相は戦後70年談話で、先の大戦での「侵略」に一切言及しないつもりなのだろうか。首相がBS番組で、戦後50年の村山談話に含まれる「侵略」や「お詫び」といった文言を、今夏に発表する70年談話に盛り込むことについて、否定的な考えを示した。「同じことを言うなら、談話を出す必要がない」と語った。「(歴代内閣の)歴史認識を引き継ぐと言っている以上、もう一度書く必要はない」とも明言した。村山談話は、日本が「植民地支配と侵略」によってアジア諸国などに「多大の損害と苦痛」を与えたことに、「痛切な反省」と「心からのお詫び」を表明した。戦後60年の小泉談話も、こうした表現を踏襲している。安倍首相には、10年ごとの節目を迎える度に侵略などへの謝罪を繰り返すパターンを、そろそろ脱却したい気持ちがあるのだろう。その問題意識は理解できる。首相は70年談話について、先の大戦への反省を踏まえた日本の平和国家としての歩みや、今後の国際貢献などを強調する考えを示している。「未来志向」に力点を置くことに問題はなかろう。しかし、戦後日本が侵略の非を認めたところから出発した、という歴史認識を抜きにして、この70年を総括することはできまい。首相は一昨年4月、国会で「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」と発言した。侵略の定義について国際法上、様々な議論があるのは事実だが、少なくとも1931年の満州事変以降の旧日本軍の行動が侵略だったことは否定できない。例えば、広辞苑は、侵略を「他国に侵入してその領土や財物を奪いとること」と定義し、多くの国民にも一定の共通理解がある。談話が「侵略」に言及しないことは、その事実を消したがっているとの誤解を招かないか。政治は、自己満足の産物であってはならない。首相は一昨年12月、靖国神社を参拝したことで、中韓両国の反発だけでなく、米国の「失望」を招いた。その後、日本外交の立て直しのため、多大なエネルギーを要したことを忘れてはなるまい。70年談話はもはや、首相ひとりのものではない。日本全体の立場を代表するものとして、国内外で受け止められている。首相は、談話内容について、多くの人の意見に謙虚に耳を傾け、大局的な見地から賢明な選択をすることが求められよう。(読売新聞社説 2015年04月22日

引用者注:上記の不可解な読売の社説に関連(?)して本日付けの「首相演説『深い反省』表明…『おわび』に触れず」というやはり読売の記事が出ました。また、こちらは関係はしないでしょうが、朝日にも下記ツイッターのような記事もあります。私には安倍首相は訪米の際の米国議会演説を睨んで読売とツルんでなにか一芝居打っているような気がします。でないと、読売の社説があまりにも不可解です。が、いまのところそれ以上の根拠はありません。今後、注意深く情報を追ってみる必要がありそうです。

・言論への圧力は「反政府的な意見を言い続けてきた人間」には無効で、「自分に圧力がかかるはずはないとたかをくくってきた来た人間」において選択的に有効だというのは、ほんとうにその通りだと思います。政府が僕の言論を弾圧してくれば、それは「僕の言ってきたことが正しかった」ことを反論の余地なく証明してくれるだけです。圧力を受けて腰を抜かすのは「別に反政府的なことを自覚的に言った覚えはなく、みんながしてるから、『そういうこと』を言っても書いても平気だと思ってしていた」連中です。悪いけどいまの日本のメディアは「みんなが批判するときは一緒に批判し、みんなが批判するのを手控えたらすぐ止める」という人たちで埋め尽くされております。そういう人のことを「ジャーナリスト」と僕はもう呼びたくありません。このあといずれ安倍政権は崩壊すると僕は確信してますけれど、いま御用記事提灯記事を書いている諸君は、そのときには今度は「安倍政権の失政を徹底検証する」というような記事を書くのです。必ず書きます。(内田樹Twitter 2015年4月20日

引用者注:内田樹氏の論は一般論としては正論だと私も思います。では、内田氏の古賀茂明氏評価はどういうものか? 私には古賀氏は「反政府的な意見を言い続けてきた人間」には見えないのですが?

弁護士ドットコムNEWSによると、≪首相官邸前で行われた「反原発デモ」の模様を、国会記者会館の屋上から撮影しようとしたことを拒否されたのは報道の自由の侵害だとして、インターネットメディアの「OurPlanet-TV」が国と国会記者会に損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、東京高裁は4月14日、原告の請求を棄却した。≫おもしろい裁判だ。ネットメディアが、権力を監視しているはずのマスコミと国を相手に裁判を起こして、負けた。呆れる判決だけれど、これが日本の現実。予想どおり。≪高野伸裁判長は判決で「国会記者会館の屋上は、中継や撮影を行うことを用途として予定していない」と指摘。(略)≫だから、なに? 記者会に所属しているマスコミは使っているようだが。使 用を拒否した記者会ってなにものだ?(略)これじゃ、記者会に所属しているマスコミの特権ではないか。(略)なによりも、記者会と政治権力のこのもたれあいぶりは何だ。これを是認してしまう裁判所。司法記者クラブを抱えている裁判所がこういう判断をするのは、当たり前なんだろうけど。だから、国会記者会館の常任幹事会のコメントはこうなる。≪「国会記者会館の使用に関する控訴人の具体的な権利を否定し、国会記者会の判断を改めて正当と認めた穏当な判決だ。国会記者会館を占有管理している国会記者会として、屋上使用等については安全性と報道機関としての責任を果たせるかどうかの観点から引き続き対応していく」≫まるでお役所のコメントだ。これが権力監視がどうのこうのとふだん立派なことを言っているのと同じマスコミのコメントかと思うと、呆れるが、それと同時に、つくづくそういうことなんだね、と納得もしてしまう。権力監視は所詮、ごっこではないのか。一般の人々は、「○○新聞は信用できる」「△△新聞は信用できない」というような薄っぺらな評価を卒業して、1つ1つの記事を慎重に読もう。記者会が「ネットメディアもどうぞ」と言い出し、国が文句を言ってきても、「われわれの責任で対応する」と啖呵を切ったら、それが更生の証しとみていいだろう。いつの日のことやら、だが。(弁護士清水努のブログ 2015-04-15

【「冤罪」の問題について】
・夏祭りの炊き出しのカレーに猛毒のヒ素が混入し、4人の死者と60人以上の怪我人を出した
和歌山カレー事件で、既に死刑が確定している林真須美死刑囚の犯行を裏付ける唯一の物証となっていた科学鑑定の結果に今、重大な疑義が生じている。(略)林真須美氏が逮捕された当時、捜査機関は夏祭りの炊き出しカレーに猛毒のヒ素が混入し4人が亡くなるという、社会を震撼させるような大事件に直面しながら、容疑者を特定することができずにいた。そうした中、マスコミが、事件が発生した現場のすぐ隣に住む林真須美夫妻が怪しいという報道を始め、真須美氏に対するインタビューなどを報じ始めていた。確かに、林夫妻はそれまでに保険金詐欺を働いたことなどがあり、その行動に怪しい点があったのは事実だったが、カレー事件と夫妻を結びつける証拠は見つかっていなかった。そこで林家にあった、夫の健治氏がかつて使用していたシロアリ駆除用のヒ素と、紙コップのヒ素の起源の共通性を調べる鑑定を中井教授に依頼し、その結果をもってとりあえず真須美氏を逮捕した上で、自白を取り付けるというシナリオを描いた。それが9つのヒ素の「異同識別」の鑑定依頼だった。ところが、真須美氏が一貫して否認を貫いたため、検察はとりあえず逮捕容疑を裏付けるための口実でしかなかった中井鑑定を、公判の最後まで引っ張らなければならなくなってしまった。そして、マスコミや裁判所の科学鑑定結果に対する無知と無理解ゆえに、それがそのまま死刑判決につながってしまった。今、そのような疑いが濃厚になっているのだ。(略)マスコミもこの問題を大きく取り上げにくいのは、事件当時真須美氏を犯人扱いするひどい報道をしてしまった手前、今さらそれに疑義が生じているというようなことが報じ難いことは想像に難くない。しかし、今やそれは人一人の命が懸かった、取り返しのつかない重大な問題になっている。(ビデオニュース・ドットコム 2015年4月18日
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1251-a6389d27