本ブログの「今日の言葉」の2015年2月15日から2月20日まで(エントリ化されている記事は除く)の記録です。

キンセンカ

・安倍政権が2月12日に提出した
2015年度予算案では、一般会計の総額は過去最高の96兆3420億円にのぼり、社会保障費も31兆円台にまで膨らんでいる。しかし、世界で有数の格差大国となっている日本にとって最優先課題であるはずの貧困対策は減額されている。日本における貧困対策の大半を占める生活保護費は受給者が216万人まで増加しているのに対し、歳出額の方は前年から180億円も減額されている。これは厚生労働省が給付基準を見直して、住居費と冬期の暖房費の支給基準を引き下げたことによるものだが、社会保障費を削減するための象徴として生活保護費をカットしようとの財政当局の思惑が見え隠れし、貧困対策の本来の目的が損なわれているのではないかと、社会保障問題や貧困対策に詳しい日本女子大学教授の岩田正美氏は懸念を表明する。実際に住宅費や暖房費分が削られた今年度の生活保護の支給基準についても、岩田氏が副座長を務める厚生労働省の社会保障審議会生活保護基準部会での議論の内容が正確に反映されないまま、政府の独断で変更されていると岩田氏は言う。どうも、安倍政権は財政再建を掲げながら必要性が疑わしい公共事業や防衛費の方は増額する一方で、貧困対策、とりわけ生活保護をスケープゴート化しているように見えてならない。(略)生活保護を受けていない人たちの間では、生活保護受給者が税金で生活を支えてもらっていることに対する不公平感があると言われる。しかし、現在の生活保護費の歳出額が年間3兆円弱であるのに対し、日本国民のほとんどが何らかの形で依存している社会保険や年金の国庫負担の総額は30兆円を超えている。生活保護の受給者に限らず、日本人であれば誰もが大なり小なり税金によって日々の生活を支えられていることを、忘れてはならないだろう。(略)先進国でもっとも格差が大きな国になりつつある一方で、財政が次第に危機的な状況を迎えつつある日本において、われわれは社会のセーフティネットをどう構築していくべきなのか。日本人として保障されるべき最低限の生活とはどんなものなのか、それを実現するために今、われわれには何が必要なのか。(神保哲生「ビデオニュース・ドットコム」2015年2月14日

・きのうの『
報道特集』に「国境なき医師団」広報の舘(たち)俊平さんが出てきて、こう言った。「私たちは、命の危険にさらされた人の元に駆けつける、他の援助が入らない地域に入って活動します。シリア、イラクはまさにそういう状態です。」おお!シリアは、むしろいま入って活動すべきところだというのだ!そして、外務省から何を言われようと、「日本人スタッフの退避なども、医師団独自の判断で決められる」ときっぱり。(略)舘さんの言葉を聞いていて、《なぜジャーナリストは危険なところに行くのか》との問いに、「現地の視点」をもっと入れて考えるべきではないかと思った。つまり、紛争地の人々は、日本人を含む外国人に取材してもらいたいと思っているのかどうか、だ。おそらく、ほとんどの場合、「ぜひ、ここにきて私たちを取材してほしい」と言うはずだ。シリア内戦では、人口2200万人のうち、900万人が避難民(うち300万人が国外への「難民」)となっている。国民の半分近くが、自分の住む家を破壊され、あるいは自ら捨てざるをえなかったわけだ。避難民キャンプに収容されたり、知人の家に匿われたりするのは幸運なごく一部の人で、家族が殺されたり生き別れし、身売りまでして生きている人も多い。誰も助けの手を伸ばしてくれない今の状態で、一縷の希望を託すのが、国際社会からの支援だ。私も経験があるが、紛争で避難する人々からは、しばしば「ぜひ我々の話を聞いてくれ、そしてこれを外の世界に知らせてくれ」と熱く訴えられる。「何度も外国人取材班が来たが、俺たちの状態は、ちっとも改善しないじゃないか!」と叱られもするのだが、それも期待の大きさゆえである。つまり、厳しい現場になるほど、ジャーナリスト、とくに外国人ジャーナリストは、人々に求められていると言える。「私が取材したいから、取材すべきと思うから行く」という側面だけでなく、「取材を望まれているから行く」「現地が切望している」ということもしっかりアピールすべきだと思ったのである。「職業」を意味する英語にcalling (コーリング)という単語がある。「天職」に近いニュアンスだ。自分が向こうから「呼ばれているのである。「使命」の深い意味はそこにあるように思う。(高世仁「『諸悪莫作』日記」2015-02-15

・従軍慰安婦に関する記事を書いた朝日新聞元記者は現在週刊誌発刊会社等を被告として名誉毀損に基づく損害賠償等を請求する
裁判を追行しているが、この裁判の原告弁護団事務局長が所属する法律事務所に、本年2月7日午前5時10分から午後0時27分までの間に延べ9件合計431枚の送信者不明のファクシミリが送りつけられ、過剰送信によりメモリーの容量が限界に達してファクシミリ受信が不能となる事件が起きた。ファクシミリの内容は、朝日新聞元記者に対する中傷、同記者の家族のプライバシーに触れるもの、慰安婦問題に対する揶揄などであった。この朝日新聞元記者に関しては、2014年5月以降その勤務する北星学園大学に対し、学生に危害を加える旨を脅迫して元記者の解雇を迫る事件が起きており、当会ではこのような人権侵害行為を許さない旨の会長声明(2014年10月23日付け)を発出したところである。しかし、その後の本年2月にも再び北星学園大学への脅迫事件は起きている。言うまでもなく、表現の自由は、民主主義の根幹をなすがゆえに憲法上最も重要な基本的人権のひとつとされており、最大限に保障されなければならない。仮に報道内容に問題があったとしても、その是正は健全かつ適正な言論によるべきであり、犯罪的な手段によってはならない。今回の大量のファクシミリ送信は、いまもなお朝日新聞元記者に対する不当な人権侵害とマスメディアの表現の自由に対する不当な攻撃が続いていることを意味するだけではなく、元記者の権利擁護に尽力する弁護士をも標的として、司法への攻撃をしていることにおいて、きわめて悪質、卑劣であり、断じて看過できない。当会は、民主主義の根幹を揺るがせる表現の自由に対する攻撃を直ちに中止させるため、関係機関に一刻も早く厳正な法的措置を求めるとともに、引き続き弁護士業務妨害の根絶のために取り組む決意である。(「東京弁護士会会長声明」2015年02月17日

★「日教組」だの「テロ政党」だのといった言葉が政権批判を封じるための道具になっている。その思考様式と機能は「アカ」「非国民」などと同じ。→
「日教組!」安倍首相が突然ヤジ 衆院予算委自民委員長も困惑想田和弘Twitter 2015年2月19日
★群衆の中で叫ばれるヤジのような匿名性の高い声にこそ、その人間の思想性がはっきりと現れるのです。「日教組」というヤジは、「朝鮮人」というヤジと同質のものですよ。(
平川克美Twitter 2
015年2月19日

★安倍が「日教組!日教組!」ってヤジってるシーンの本人映像が。
http://youtu.be/PJKSJi5GSZgタケウチミホTwitter 2015年2月19日
★ヒトラー内閣の重要閣僚だった
ヘルマン・ゲーリングの言葉。これは911後のアメリカをぴたりと予見した。これからの日本にも当てはまりそうで、実に恐ろしい。→改めて考えたいゲーリングの言葉の意味 #BLOGOS (想田和弘Twitter 2015年2月18日

・いやー、昨今の国会の安倍首相の発言。酷いですね。酷いのに大手新聞があまり取り上げないのでいくつかピックアップして見たいと思います。2月19日の
民主党の玉木議員の国会質問。精糖業界が傘下に置いている会社を通じてTPP交渉直前に西川公也農林水産大臣の政党支部に100万円の献金をしていた問題についての質問をしていたようです。TPP交渉では砂糖を自由貿易の例外とするかが焦点となっており、法的には、業界団体が迂回献金をする手法を許して良いのかかが問題なのです。ところが、質問中、安倍首相が「日教組」「日教組どうするんだ」と繰り返し不 規則発言をし、議長にすら「やや、総理、静かに」とたしなめられる始末。(略)総理大臣は国会質問に答える側の人間なので、ヤジはもちろん、野党議員が質問中に逆質問をする行為自体が「質問を質問で返すなあーっ!」という例のマナー違反なんですが、さらに教職員組合の名前を持ちだして非難するセンスも総理大臣としては大変下品で、憲法で定められた首相の職責の重さに悖る行為だと思います。安倍首相の中では日教組という組織はショッカーみたいな悪の組織の象徴なのかもしれませんが、それを口にして相手を攻撃した気になるのは、ほとんどネット上の落書きレベルですね。集団的自衛権に関する安倍首相の国会答弁も、もはや完全にぶっ飛んでいます。(略)一方、安倍首相は2月18日の国会答弁で「現行憲法の下では、同性カップルの婚姻の成立を認めることは想定されていない」と述べました(2月18日朝日新聞)。(略)単に政策的にやりたくないだけのことを、日本国憲法のせいにする態度は法律家として許しがたいものがあります。上記はわずかな例ですが、 今のマスコミを通じた報道は、安倍首相の常軌を逸した言動を伝えなかったり、大きな問題はないものとして政治論争の範疇としてしか伝えない傾向があります。しかし、我が国は日本国憲法を根本規範とする法治国家です。首相が国会で責任を果たさず、憲法を逸脱する発言を繰り返していることについて、もっと公然と批判がされるべきだと考えます。(渡辺輝人「Yahoo!ニュース」2015年2月20日
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/1182-031340e4