キョウ きょうさんとう23
「小池与党」を標榜する共産党東京都議団
徳留道信都議(元衆院選東京11区共産党公認候補)

Blog「みずき」:東京都議選で都民ファーストの会が大勝し、自民党が大敗した。都ファの大勝を見てある人は「見ろ! 東京が大阪のようだ!!」と言った。むろん、「大阪のようだ」とは橋下維新の会の大阪でのあの狂乱を指している。kojitakenさん(「きまぐれの日々」ブログ主宰者)は都ファを「都民ファ□スト」と表記するが、「ファ□スト」は「ファースト」ではなく「ファシスト」の意だ。都ファと敗れたりといえど自民党を合計すると東京は「超ファシスト」自治体となる。都議選の選挙戦後半は対決姿勢を見せたとはいえ、今年の年頭にいち早く「小池与党宣言」を出していた共産党の責任は大きい。こうした一切の流れが東京に「超ファシスト」自治体をつくり出した。当然、自民党に「お灸をすえた」などという事態ではない。


【山中人間話目次】
・東京都議選で都民ファーストの会が大勝し、自民党が大敗した
・東京都議選の結果について、ほぼ私と同様の認識の3者(toriiyoshikiさん、浅井基文さん、半澤健市さん)の論をあげておきます
・ふたりの共産党支持者の論。2人の論者とも自民党の惨敗と共産党の「善戦健闘」を「欣快の至り」と喜ぶだけで、今年の年頭にいち早く「小池与党宣言」を出していた共産党の責任を問う視点はありません
・私もそうですが、少なくない良識派の人たちもいまの共産党を下記のように見ているということでしょう。この6年ほどで共産党には繰り返し失望させられた・・・
・今度はいまの共産党支持者のレベルの話です。作家で法大教授の中沢けい‏さんは「日の丸がネトウヨや行動保守のメルクマークになっているのを取り戻したい」というスピリッツの持ち主なのですね
・1年前の投稿――先の都知事選の選挙運動を通じて「革新・リベラル」勢力の側にも「民主勢力ムラ」とでも呼ぶべきある意味での排他的利益集団が存在していることを知ることになりました
・トランプ氏、「CNN」をボコボコに殴る動画を投稿――トランプの1日も早い弾劾を
・トランプ弾劾運動は全米で高まっています
・これがいまのわが国の最高裁の実態です――最高裁は、桜内前衆院議員(当時日本維新の会)の吉見義明中央大学名誉教授に対する名誉毀損事件について、吉見教授の上告を棄却した