キョウ かんこくだいとうりょうせん

Blog「みずき」:フランス大統領選に続いて韓国の大統領選挙も今日の9日午前6時から投票が始まりました。NHKニュースが各候補者の経歴や政策をかなり踏み込んで紹介しています。私がこの中で特に注目したのは、慰安婦問題に関する一昨年12月の日韓両政府の合意について革新、保守の区別なく各候補とも全員批判的な見解を述べていることです。韓国大統領選の全候補者からさえ批判される似非「慰安婦問題」解決策としての「日韓合意」を推進してきた安倍政権はもとより、その「日韓合意」を「問題解決に向けての前進」(志位談話 赤旗 2015年12月29日)などと評価してきた日本共産党をはじめとする「革新」(カッコつき革新)政党の非見識がいま改めて問われている事態と見ていいでしょう。

【山中人間話目次】
・韓国の大統領選挙についてNHKニュースが各候補者の経歴や政策をかなり踏み込んで紹介しています
・猪野亨さん(札幌在住、弁護士)のルペン批判には私は先制するところもあれば異見のあるところもある
・この時事解説「ディストピア」さんの「北朝鮮のメッセージはどのように伝えられるのか?」という論説に見る怒りは正当であると思います
・アメリカのよいところは「三権分立」がきちんと機能しているところでしょう。ここにトランプ政権の下でのアメリカの可能性があります
・ヒューマン・ライツ・ウォッチの「シリア政府軍がここ数カ月間に少なくとも4回、神経ガスを使用したという結論を新たな証拠が裏づけた」という声明
・仲宗根勇さんのFB記事に新9条論者批判など若干の異見を述べて賛同しました
・三谷太一郎さん(1936年生。東京大学名誉教授、政治学・歴史学)の「教育勅語」淵源考(「海神日和」ブログ主宰者要約)